16.10.13(Thu)

エイミー・アダムス、エイリアンは実在する!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

エイミー・アダムス

映画『マン・オブ・スティール』への出演でも有名な米女優のエイミー・アダムス(Amy Adams, 42)は、エイリアンの生態が明らかになることを心から待ち望んでいる。

まもなく公開されるSF映画『メッセージ』に出演しているエイミーは、地球へ到来したエイリアンとの通信を翻訳する言語学者を演じている。

エイミーは、現実の世界で科学者が地球外生命体とコンタクトを取っている確率はかなり高いと考えている。BFI London Film Festivalで10月10日に開催されたこの映画のプレミアで話題になったトピックについてエイミーはこう語っている。「間違ってはいないはずよ。私たちは何世代にも渡って星を見つめ続けてきたのだから」

そしてこう付け足した。「我々より大きな何かが存在するという考えは常に人類が考えてきたことなのよ。人類だけしか存在しなかったら不思議よね」

エイミーとジェレミー・レナー(Jeremy Renner)が共演するこの映画は各地の映画祭でかなりの好評を呼び、すでにオスカー受賞も噂されている。

なぜこの映画に出演しようと思ったのかを尋ねられて、エイミーはこう説明した。「台本の最初の10分を読んですぐに感情的に没入できたの。その後、科学的な部分を読み始めたら、それも大好きになったわ」

「知的で感覚に優れた女性が重要な役割を果たしていて、終わりに近づくつれて、彼女のキャラクターやストーリーについていろんなことがわかってきたの。これよ、これって感じだったわ」

この映画への出演を決めたのにはもう1つ理由があったこともエイミーは明かしてくれた。彼女にとってのアイドルで、この映画では米軍の大佐を演じているフォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)となんとしても共演したかったのだ。

「フォレストと共演した最初のシーンで、私は泣いてしまったの」と語ったエイミー。「だって私にとっては永遠に大好きな俳優なのよ。10歳の子どもになったような気持ちだったわ」

ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督の『メッセージ』は11月11日から公開される(日本では2017年公開)。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。