• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 抗議デモで逮捕されたシャイリーン・ウッドリー、刑務所行きの可能性が浮上

16.10.14(Fri)

抗議デモで逮捕されたシャイリーン・ウッドリー、刑務所行きの可能性が浮上

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

シャイリーン・ウッドリー

 石油パイプライン建設の抗議デモで逮捕された女優のシャイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)が、不法侵入と暴動参加で有罪となった場合は禁固60日と罰金の刑を命じられる可能性が浮上した。

 『ダイバージェント』などで知られるシャイリーンと26人の参加者は10日、ノースダコタ州スー郡で行われている「ダコタ・アクセス・パイプライン」の建設に反対する抗議デモ中に逮捕された。シャイリーンはデモと逮捕の模様をFacebookで生配信し、刑務所で数時間勾留された後、11日に釈放された。24日には同州マンダンの裁判所に出廷し、不法侵入と暴動の容疑について答弁する予定だ。

 シャイリーンは釈放の数時間後、SNSに復帰し、デモに関して詩的な声明を発表した。

 「いつか、私たちの詩を歌う日がくるわ、ベイビー。私たちの舌からしたたり落ちる言葉は熟した忍耐で濡れている。そしてこの歌詞は、私たちの老いた手が今まいている種から生まれる甘い果実」

 シャイリーンが参加した穏やかな抗議デモは、38億ドル(約3,940億円)のパイプライン建設で水が汚染され、部族の埋葬地を侵害するとして先住民スタンディングロック・スー族が求めた工事中止の訴えを連邦判事が退けた翌日に行われた。

 スタンディングロック・スー族を支援する抗議活動は数ヶ月前から続いている。シャイリーンは今年のほとんどをダコタ・アクセス・パイプラインに対する抗議活動に使い、8月には女優のロザリオ・ドーソン(Rosario Dawson)と一緒にニューヨークで行われた抗議集会に参加。プラカードを掲げて建設中止を訴える人たちと市街を行進した。

 シャイリーンは約100人の参加者とともに、ノースダコタ州からイリノイ州へ原油を輸送するパイプラインが建設されているスー郡で穏やかな抗議デモを行った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。