• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ナイル・ホーラン、ワン・ダイレクションの活動再開は「思うよりも」近いと明言!

16.10.18(Tue)

ナイル・ホーラン、ワン・ダイレクションの活動再開は「思うよりも」近いと明言!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ナイル・ホーラン

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のナイル・ホーラン(Niall Horan, 23)が、バンドの活動再開はファンが思っているよりも早くなると明かした。

 ワン・ダイレクションは昨年に活動休止を発表し、クリスマス後から休止に入った。ナイルとリアム・ペイン(Liam Payne)、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)らメンバーはそれぞれのソロ活動をスタートしており、ファンの間では1Dが米ポップグループ、イン・シンク(’N Sync)のように二度と活動を再開しないのではという不安が広がっている。

 しかし先日、4人の中で初めてソロシングルをリリースしたナイルは、メンバーが再びステージでそろう日は近いとファンを安心させている。

 「今のところは自分たちのことをしているよ」とナイルはグラハム・ノートン(Graham Norton)が司会のトーク番組「ザ・グラハム・ノートン・ショー」で語った。「正確にいつになるかは言えないけれど、50年後ということはないよ。予期できるくらい近い将来だね。みんなとも話し合っているけれど、今のところは状況に合わせて活動して、どうなるかを見極めているところなんだ」

 ナイルは現在、新曲「This Town」に力を入れている。ソロデビューアルバムは2018年のリリースを待つほかないが、他のメンバーがいなくてさびしくなることもあると認めた。

 「もちろん(他のメンバーがいないとさびしい)」とナイルは続けた。「僕らは別々で作曲したりレコーディングしたりしているけれど、僕は最近、『これは今やるべきこと。自分のアルバムを作るんだ』と思うようになってきたよ」

 ナイルは9月、豪DJのケント・「スモールジー」・スモール(Kent ‘Smallzy’ Small)のラジオ番組に出演し、ソロ・アルバムについて語っていた。

 「このアルバムはまだまだ完成にはほど遠いんだ。作曲が終わっていないからね。年内に完成することはないし、来年もムリじゃないかな」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。