• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エミリー・ラタコウスキー、水着に求めるのは脚を長く見せてくれることと、“ずれ落ち事故”がなく着心地が良いこと!

16.12.05(Mon)

エミリー・ラタコウスキー、水着に求めるのは脚を長く見せてくれることと、“ずれ落ち事故”がなく着心地が良いこと!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

エミリー・ラタコウスキー

歯に衣を着せない“フェミニスト”的な発言とそれに劣らない言行一致の行動力でも知られる英人気モデル兼女優のエミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski、25)は、現在豪州スイムウェアブランド「Amore & Sorvete」の広告アンバサダーを務めている。

「わたしは、ブラジル風のカットボトムや、鋭いカットサイドがある80年代風の水着が好き。脚を長く見せてくれるからね」と、エミリーはVogue誌豪州版にそう語っている。

その一方で、エミリーがまず水着に求めるのは着心地であり、上質の生地を使いつつ自然なフィット感を重視して着疲れしない「Amore & Sorvete」を、その点非常に気に入っているという。

「Amore & Sorveteの良さは、カットはセクシーな美しさを持っているのに、すごく安心な感じで身体にぴったりとフィットしてくれるから、浜辺で水着に変な“事故”が起きて恥ずかしいことにならないことなのよ」

デザイナーのブリジット・ゲイル(Bridgette Gale)によって2009年に立ちあげられた「Amore & Sorvete」は、大胆な色使いと個性的なプリント、そして繊細な刺繍で知られるスイムウェアで着実に人気を拡大してきている。そのブリジットは、最近では米アパレルブランド「Express」やLA発ジュエリーブランド「Jacquie Aiche」などの広告も務めるエミリーを起用した理由をこう語る。

「エミリーが素晴らしい容姿をしていることもあるけれど、それ以上に強く自立した女性である彼女が、わたしのブランドを体現してくれているのが一番の理由です」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。