• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アリシア・キーズ、ノーメイク活動の広まりに感激!

16.12.06(Tue)

アリシア・キーズ、ノーメイク活動の広まりに感激!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アリシア・キーズ

 人気歌手のアリシア・キーズ(Alicia Keys)が、メイクアップを一切しないノーメイク宣言に寄せられた支援に感激している。

 アリシアは5月、米TVシリーズ「GIRLS/ガールズ」で知られる女優のレナ・ダナム(Lena Dunham)が発行するメルマガ「Lenny Letter」に寄せた力強いエッセーで、ある特定の容姿を求められる女性のプレッシャーについて語り、その後は数々のイベントですっぴんのままレッドカーペットに登場している。

 今回、英BBCによる「世界の女性100人 2016年」に選出されたアリシアは、SNSで公開している「#NoMakeup」のハッシュタグをつけた自撮り画像を通じて、この話題が盛り上がっていることがうれしいと語った。

 「少しびっくりしたけれど、良い意味での驚きでした」とアリシアは話している。「女性がこういう話題で盛り上がっているのがうれしかった」

 その結果、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)やガブリエル・ユニオン(Gabrielle Union)といったトップスターがすっぴんに挑戦し、アリシアは感慨深げだ。その一方で、ノーメイク活動が次の世代の若者に刺激を与えてほしいともつけ加えた。

 「私は数ある多様性のうちの1人にすぎません。私や、もしいれば娘、そして息子たちに、人の容姿には色々あることを伝えたいだけです。私たちの容姿には無数の形がある。メイクやノーメイクがどうという話ではありません。自分を楽にしてくれるものは何かという話です。自分を楽にしてくれるものに、どのくらいのバリエーションがあるかを探ることができるという話なのです」とアリシアは説明した。

 アリシアはレッドカーペットの上やプライベートに関係なく、すっぴんでいることに満足しているが、だからといってメイクを完全に排除するという意味ではない。

 「メイクをしたいときは、それはそれで私の選択です。私がメイクをしたからといって、『二度とメイクはしないはずでは?』と言われる筋合いはありません。そんなことを主張しているわけではないのです」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。