• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジェニファー・アニストン、元夫ブラッド・ピットのディナーの誘いを辞退!

16.12.06(Tue)

ジェニファー・アニストン、元夫ブラッド・ピットのディナーの誘いを辞退!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジェニファー・アニストン

 女優のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston, 47)が先日、ロンドン市内を訪れた際、同じく訪問中だった元夫で俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt, 52)のディナーの誘いを断ったと報じられた。

 ブラッドは第二次世界大戦を舞台とする新作映画『マリアンヌ』のプロモーションでロンドンを訪問。2年前に結婚した妻で女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)との離婚が報じられてから初めての大舞台となった。

 ジェニファーも1マイル(約1.6キロ)離れたところにある英BBCで新作映画『Office Christmas Party(原題)』のPRをしていた。しかしブラッドが米人気TVシリーズ「フレンズ」などで知られるジェニファーとの再会を望んでいた一方で、英Heat誌によると、幸せな結婚生活を送っている彼女は少し慎重気味だったという。

 「彼が彼女に電話して、短い話をしていた。でも俳優のジャスティン・セロー(Justin Theroux)と結婚しているジェンはブラッドに、応援する気持ちはあっても会う時間はつくれないと伝えていた」とある事情通はHeatに語っている。

 ブラッドはプライベートジェット機内で養子のマドックス(Maddox)君を虐待した疑いでロサンゼルス郡児童相談所(DCFS)の調査の対象となるなど、つらい時期が続いている。ジェニファーも元夫の騒動に引きずり込まれ、離婚が報じられると名前がTwitterで話題の急上昇ワードとなった。

 ブラッドはジェニファーにメールで詫びを入れたとされるが、たまたま同じ街にいるなら友好的な面会をしたいと考えたようだ。事情通によると、ジェニファーは同じロンドン市内で数分間しか離れていないとはいえ、元夫とディナーをともにするリスクを冒したくなかったという。

 「幸せに結婚しているし、ブラッドと会うとジャスティンに対する侮辱になる。彼女は何が大事なのか分かっていて、それは自分自身の結婚なんだ」と事情通は説明した。

 ブラッドはアンジーが9月に離婚を申請すると、6人の子どもたちの共同親権を申請した。平和的な進展を望んでいるが、複数のメディアによると、ブラッドはアンジーに感謝祭に招待されなかったため、カリブ海のタークス・カイコス諸島にあるリゾート「アマンヤラ」で友人とすごしていたという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。