16.12.12(Mon)

女優のレイク・ベルが第2子妊娠を公表!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

レイク・ベル

 『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』などで知られる女優のレイク・ベル(Lake Bell, 37)が第2子を妊娠した。

 レイクは8日夜、ロサンゼルスで開催された「AG + Vanity Fair Opening of Saved」に出席した際、体に密着した黒いドレスでふくらんだお腹を強調。夫でアーティストのスコット・キャンベル(Scott Campbell)との第2子を妊娠していることを明かした。

 レイクとスコットの間には、すでに長女ノヴァ(Nova, 2)ちゃんがいる。

 レイクは映画女優として知られているが、脚本家、監督、プロデューサーとしても活躍。ノヴァちゃんを出産した直後にはエンターテイメント情報サイト「The Frame」とのインタビューで、母親になったことで仕事のやり方や表現に対するアプローチが確実に変わったと説明した。

 「娘を産む前は、間違いなくワーカホリックだったわ。今でもそうだし、それが私の一部でもあるけれど、呼吸をするたびに娘のことを思うことになるなんて想像もつかなかった」とレイクは笑顔で語った。「確かにすごく疲れることもあるし、続けられないと思うこともあるわ」

 またレイクは、育児とキャリアの両立にはかなりの時間がかかるともつけ加えた。しかし眠らなければすべての仕事をするのに十分な時間が作れるともジョークを飛ばしている。

 「映画を作ることは大きな特権だと思っているし、家族も作りたかった。この2つが同時に来ると、1日の時間はほんの少ししか残らないの」とレイクは続けた。「女性は自分のクローンがいるか、同時に別の世界で存在することができれば、いろんなことをもっと良くこなせるとよくジョークを言っているわ。眠らなければ夜通し書いていられるから、問題のほとんどを軽くすることができる」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。