• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ディズニーの新プリンセスにハワイ在住の14歳の少女が決定!

15.10.10(Sat)

ディズニーの新プリンセスにハワイ在住の14歳の少女が決定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

モアナ

 ディズニーの新作アニメ『Moana(原題)』のプリンセス役に、ハワイ在住のアウリー・クラヴァーリョ(Auli’i Cravalho, 14)が決定した。

 アウリーはチャリティーイベントでパフォーマンスをしたことでタレントエージェントの目にとまり、数千人の候補から大抜擢された。エージェントはその後、アウリーを『アラジン』などでもタッグを組み、『Moana』のメガホンをとるロン・クレメンツ(Ron Clements)とジョン・マスカー(John Musker)両監督に推薦した。

 しかしアウリーは当初、モアナ役を獲得するチャンスはありえないと思っていたという。

 「私はまだ高校1年生で、YouTubeではすでに大勢の人たちが応募していたの」とアウリーは米People誌に語っている。

 キャスティングディレクターのレイチェル・サットン(Rachel Sutton)がモアナ役のオーディションで最後に会ったのがアウリーだった。会った瞬間に適役を見つけたと確信したという。

 「モアナは本当に驚くべきキャラクターなんです」とアウリーは語っている。「勇敢で、すごい力を持っていて、自分がほしいものを分かっていて、それをゲットすることを恐れない。そこに共感を覚えたの。彼女がこのすばらしい映画で活躍し、成長し、自分の文化を助けるのを見るのが楽しみ」

 2,000年前を舞台とする同作は、モアナが族長である父親に反発し、祖先をめぐる冒険の旅に出る姿を描く。また、半神半人の青年マウイの声を元プロレスラーで俳優のドウェイン・「ザ・ロック」・ジョンソン(Dwayne ‘The Rock’ Johnson)が担当。歌声も披露することになっており、アウリーはドウェインがどんな声で歌うのか楽しみだと話している。

 「すごく興奮しているわ」とアウリー。「彼の歌は聴いたことがないから、すごく面白くなりそう」

 同作はポリネシア人のキャラクターが初めてディズニーのプリンセスとして登場する。『Moana』は日本でも2017年に公開される予定だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。