• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カニエ・ウェスト、ドナルド・トランプ次期大統領と面会!

16.12.15(Thu)

カニエ・ウェスト、ドナルド・トランプ次期大統領と面会!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West, 39)が13日、ニューヨーク市内でドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領と着席形式で面会を果たした。

 カニエと、物議をかもす言動で知られ、不動産王から政治家に転身したトランプ氏は、マンハッタンにある同氏の拠点「トランプ・タワー」で面会。米CNBCのジャーナリスト、スティーヴ・コパック(Steve Kopack)はその様子を撮影した動画をTwitterで公開した。この動画には2人が握手したり、トランプ氏がカニエの背中を軽く叩いたりする中、娘のイヴァンカ(Ivanka)氏がそばで見守る姿が映っている。。

 トランプ氏は待ち受けていた記者団に対し、カニエとは「長年の」友人で、「人生」について語り合ったと明かした。

 カニエが今回トランプ氏と面会した直前には、トランプ氏側が1月20日に行われる就任式でパフォーマンスを披露してくれる大物アーティストを見つけられないという憶測が流れていた。エンターテイメント情報サイト「The Wrap」によると、たびたび論争を巻き起こすトランプ氏の政治観が原因だという。

 カニエは先月、精神衰弱とされる症状が報じられた。その数日前にカリフォルニア州サンノゼで行ったコンサートでは、11月初旬の大統領選挙で投票しなかったが、もし投票所に行っていたらヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官ではなくトランプ氏に投票していたと語り、観客の怒りを買った。

 また、ある事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に対し、カニエが今回ニューヨークを訪れたのは先月の入院を受けて医療スタッフを強化する狙いがあったと明かしている。カニエは11月21日、精神鑑定のためカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)メディカルセンターに緊急入院し、9日間の治療を受けた。奇行を繰り返して健康不安説を引き起こしたためで、年内の「セイント・パブロ」ツアーの公演をすべてキャンセルしている。

 しかし11日にマンハッタンであったイベントで、カニエとコラボすることもよくあるラッパーでプロデューサーのリック・ロス(Rick Ross)は、カニエの精神衰弱説は入念な作り話だとほのめかした。

 「俺のダチは天才だ。あいつが平常心を失ったと思っているやつらに言いたいのは、見事にだまされたということだ」とリックは語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。