• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン&ライアン・ゴズリング、全米映画俳優組合賞でノミネート!

16.12.16(Fri)

『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン&ライアン・ゴズリング、全米映画俳優組合賞でノミネート!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ハリウッドを舞台としたデイミアン・チャゼル(Damien Chazelle)監督のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』で主役を演じるエマ・ストーン(Emma Stone)とライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)が、2017年度全米映画俳優組合(SAG)賞でノミネートされた。

 同作は高い評価を受けており、主演女優賞と主演男優賞の両方で候補にあがったことが14日発表された。

 エマは『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)、『メッセージ』のエイミー・アダムス(Amy Adams)、『ガール・オン・ザ・トレイン』のエミリー・ブラント(Emily Blunt)、そして『マダム・フローレンス!』のベテラン女優メリル・ストリープ(Meryl Streep)らと受賞を争う。

 一方、ライアンがノミネートされた主演男優賞には、『Fences(原題)』で主演と監督を務めたデンゼル・ワシントン(Denzel Washington)、『Manchester by the Sea(原題)』のケイシー・アフレック(Casey Affleck)、『Hacksaw Ridge(原題)』のアンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)、『はじまりへの旅』のヴィゴ・モーテンセン(Viggo Mortensen)らとデッドヒートを繰り広げる。

 ノミネーション発表式は女優のソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)とラッパーのコモン(Common)の司会でロサンゼルス市内のパシフィック・デザインセンターで開催された。

 助演部門も同様に競争が激しく、助演女優賞には『Fences』のヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)、『ムーンライト』のナオミ・ハリス(Naomie Harris)、『Lion(原題)』のニコール・キッドマン(Nicole Kidman)、『Manchester by the Sea』のミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)、『Hidden Figures(原題)』のオクタヴィア・スペンサー(Octavia Spencer)らがノミネート。また助演男優賞には『ムーンライト』のマハーシャラ・アリ(Mahershala Ali)、『最後の追跡』のジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)、『マダム・フローレンス!』のヒュー・グラント(Hugh Grant)、『Lion』のデヴ・パテル(Dev Patel)、『 Nocturnal Animals(原題)』のアーロン・テイラー=ジョンソン(Aaron Taylor-Johnson)らの名前があがった。

 キャスト賞の候補には『Fences』、『ムーンライト』、『はじまりへの旅』、『Hidden Figures』、『Manchester by the Sea』などが含まれる。

 テレビ界も存在感を示し、ドラマ部門の男優賞には「ゲーム・オブ・スローンズ」のピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)、「ザ・クラウン」のジョン・リスゴー(John Lithgow)、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ・マレック(Rami Malek)、「ハウス・オブ・カード」のケヴィン・スペイシー(Kevin Spacey)、「This is Us」のスターリング・K・ブラウン(Sterling K. Brown)らがノミネートされた。

 一方、ドラマ部門の女優賞には「ストレンジャー・シングス」の若手女優ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)が同ドラマで共演するウィノナ・ライダー(Winona Ryder)や「ウエストワールド」のタンディ・ニュートン(Thandie Newton)、「ハウス・オブ・カード」のロビン・ライト(Robin Wright)、「ザ・クラウン」の

クレア・フォイ(Claire Foy)といった経験豊富な女優らと獲得を競う。

 第23回SAG賞授賞式は1月29日に開催される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。