• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジョン・メイヤー、謎のメッセージでテイラー・スウィフトを非難したことを否定!

16.12.16(Fri)

ジョン・メイヤー、謎のメッセージでテイラー・スウィフトを非難したことを否定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 歌手のジョン・メイヤー(John Mayer, 39)が、元恋人で歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 27)の誕生日でもある13日に「1年で最もつまらない日」だとツイートし、陰険なやり方で元カノを非難したことをきっぱりと否定した。

 テイラーが27歳を迎えた13日、ジョンは彼女を批判するかのような内容の謎めいたメッセージをTwitterに投稿した。

 「12月13日火曜日は概念上、1年で最もつまらない日かもしれない」とジョンはツイートした。

 テイラーのファンはこの発言を彼女への皮肉と受け止め、ネット上でジョンを攻撃。しかしジョンは批判を甘んじて受けることをせず、ネットで子どもじみた批判をするような大人ではないと強調してTwitterの荒らしに反撃した。

 「違う。ノー。違うってば」とジョンは宣言した。「みんな、僕は39歳なんだよ。このツイートは削除する。それが気に食わないなら攻撃してくればいい。他意はまったくないよ」

 ジョンは実際にツイートを削除したが、フォロワーらはすでにスクリーンショットで画像に残しており、間違った理由で一気に拡散した。

 ジョンはツイートを削除したことでSNSユーザーの攻撃に油を注いだとして後悔し、メッセージの削除は罪悪感の表れだとほのめかした。

 ジョンは14日、再びTwitterで「このツイートは削除しないほうがよかったかもしれない…」とつけ加えた。

 ジョンは2009年11月から2010年2月までテイラーと交際したが、テイラーは破局の経験を「ディア・ジョン」という曲にし、「暗く、ねじ曲がったゲーム」を仕掛けたとジョンを批判している。

 ジョンはその後、テイラーのアルバム『スピーク・ナウ』に収録されている同曲で「ひどい気持ち」になり、「恥をかかされた」と認めた。

 「理由はそんなことを言われる筋合いはないからだよ」とジョンは2012年、米Rolling Stone誌とのインタビューで打ち明けた。「今は説明する責任をきちんと負っているし、あんな扱いを受けることは何もしていない。あんなことをするなんて、本当にうんざりしたよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。