• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ルビー・ローズ、『ピッチ・パーフェクト』第3作に出演交渉中!

16.12.16(Fri)

ルビー・ローズ、『ピッチ・パーフェクト』第3作に出演交渉中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米ネット配信ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」のステラ・カーリン役で知られる豪女優のルビー・ローズ(Ruby Rose, 30)が、大人気ミュージカルコメディ『ピッチ・パーフェクト』シリーズ第3作『Pitch Perfect 3(原題)』に出演する交渉に入ったと報じられた。

 米Variety誌によると、ルビーのキャラクターや物語などの詳細は伏せられたままだという。しかしシリーズ前2作では大学の女子アカペラグループ「ザ・バーデン・ベラーズ」の活躍を描いているだけに、ルビーも新作で歌声を披露することになりそうだ。演技力もさることながら、才能のある歌手でもある彼女は、ゲイリー・ゴー(Gary Go)との共作でデビューシングル「Guilty Pleasure」を2012年にリリースした経験がある。

 またルビーは今年の正月にラスベガスであった新年パーティーで、歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)と一緒に歌ったこともある。

 これから公開が控える出演作から判断すると、ルビーの2017年は忙しい年になりそうだ。次回作は『トリプルX』シリーズ第3作『xXx<トリプルX>:再起動』で、『バイオハザード:ザ・ファイナル』にも出演しているほか、キアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)と共演する『ジョン・ウィック』の続編『John Wick 2(原題)』にも登場する。

 『Pitch Perfect 3』にはアナ・ケンドリック(Anna Kendrick)、レベル・ウィルソン(Rebel Wilson)、ブリタニー・スノウ(Brittany Snow)らが再出演し、2017年12月の公開が予定されている。

 2012年に公開された第1作は驚異的なヒットとなり、1億1,500万ドル(約135億4,000万円)の世界興収を叩き出してミュージカルコメディとしては『スクール・オブ・ロック』に次いで史上2位の記録を残した。続編の『ピッチ・パーフェクト2』は2億8,750万ドルの興収で『スクール・オブ・ロック』を抜き、史上最も稼いだ作品となった。

 アナは先日、米ニュース番組「Sunday Today」で同作の桁外れな大ヒットについて語った。

 「脚本を読んだとき、前に観たことがあるものになりそうと思ったの」とアナは告白した。「数人のオタクがとても気に入ってくれればいい、と思っていたわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。