• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ライアン・レイノルズ、家族みんなでハリウッドの殿堂入り式典に登場!

16.12.17(Sat)

ライアン・レイノルズ、家族みんなでハリウッドの殿堂入り式典に登場!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)が15日、ハリウッドの殿堂として知られる「ウォーク・オブ・フェイム」に埋め込まれる星型のプレートを贈られ、妻で女優のブレイク・ライブリー(Blake Lively)に加え、初めて娘2人も一緒にレッドカーペットに登場した。

 今年は『デッドプール』が大ヒットしたライアンは、ハリウッド大通りにプレートが埋め込まれた最新のスターとなった。そのそばでは妻と子どもたちが夫そして父であるライアンの誇らしい瞬間を見守っていた。

 ブレイクとライアンが子どもたちを公の場で披露したのは初めて。人目に触れることを嫌う夫妻は子どもたちの詳細についてメディアに語ろうとせず、9月に誕生した次女の名前は今も明かしていない。

 夫妻は現地時間16日に誕生日を迎えた長女のジェームズ(James, 2)ちゃんについても話題にすることがなく、名前も言わなかったため、生まれて数ヶ月間は謎に包まれていた。

 ジェームズちゃんは父がスピーチの後で2,596番目のプレートをお披露目すると歓声を上げた。夫妻は式典後、娘たちと一緒に記念撮影に応じ、集まった人たちを喜ばせた。

 「今ここに座っている、僕にとってすべてである妻のブレイクに感謝しています」とライアンはスピーチで語り、「君は僕の人生で最高の出来事だよ。ただしハリウッドの殿堂入りに次いで2番目だけど…」とジョークで会場を沸かせた。「君がいるとあらゆることが良くなる。願ってもないほどのステキな子どもたちをもたらしてくれた。せいぜい『おもしろいおじさん』になれたらと思っていた僕を、夢のような父親にしてくれた。ありがとう。愛しているよ」

 またライアンは3人の兄と一緒に式典に参加した母にも感謝の言葉を述べ、幼いころのレイノルズ兄弟4人は悪夢でしかなかったと打ち明けた。

 「母さんが僕たちを刺し殺さなかったことを思うと納得がいかない。神は僕たちがそれにふさわしいと分かっているからね」とライアン。「母さんには最後の1滴の血まで与えることもいとわない4人の息子がいる。それこそ兄弟と母さんの性格をうまく表現している」

 「そして20年以上ショウビジネスで仕事を続け、刑務所にもリハビリ施設にもお世話になっていない息子がいる。それがなぜなのか、僕たちは知っている。隠し事が得意だからだよ」

 またライアンは昨年亡くなった父をしのぶ言葉でスピーチを締めくくった。

 「きっととても喜んでくれたと思う」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。