• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • シンディ・クロフォード、50歳になったいまのほうが自分の美肌に自信あり!

16.12.22(Thu)

シンディ・クロフォード、50歳になったいまのほうが自分の美肌に自信あり!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

1990年代のスーパーモデルの代表格であった米モデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)は、今年2月に50歳の誕生日を迎えている。いまも若々しい美貌を誇るシンディだが、その秘訣は年を重ねることをプレッシャーと感じてそれに負けてしまわないことだという。

「何をしたって20歳や30歳とかに見えるようになる訳がないのだから、50歳なりに美しくありたいと思うだけ」と、シンディはNew Beauty誌に対して語っている。

「エクササイズをして、健康な食生活をして、肌の手入れは念入りにする。無理なことを女性に求めるプレッシャーがあるけれど、年を重ねるのは当然なのだから、自分がいくつであれ、その年齢なりに美しくあればいいと思えばいいのよ」と、シンディ。

「わたしの顔にまだそれほど皺が多くないのは、肌の手入れを念入りに行っているから。ある意味で、50歳になってからのほうが20代の頃より自分の肌に自信が持てているのよ」

TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアを通じて自身の美容習慣をしばしばファンに垣間見せているシンディだが、その分意地悪な書き込みをもらうことももちろんある。

「Instagramで多くのひとから、自分が20歳の頃といまは違って見えることをわざわざご指摘されなくてもいいとは思う。そんなこと本人が一番分かっているわよ。公衆の視線にさらされる立場だとつらいところもあるけれど、そこは自分で負けないように頑張るところだわ」

とは言え、自分の地毛の質が、加齢とともにこれほど変わるとは思っていなかったシンディは、その点だけは15歳になる娘カイア・ガバー(Kaia Gerber)ちゃんの張りのある若々しい髪を、正直言ってうらやましく思うのだとか。

「娘を見ていると、その髪って、むかしのわたしみたいじゃない、返してよ!とか思っちゃう。濡れたままで寝てしまっても、彼女の髪は翌朝ステキに見えるのだから、やんなっちゃう」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。