• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケイティ・ペリー&オーランド・ブルーム、サンタコスプレで病気の子どもを激励!

16.12.22(Thu)

ケイティ・ペリー&オーランド・ブルーム、サンタコスプレで病気の子どもを激励!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英俳優のオーランド・ブルーム(Orlando Bloom)と米人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)が19日、サンタクロースとミセスクロースに扮してカリフォルニア州の児童病院を訪問し、病気の子どもたちを激励した。

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られるオーランドとケイティはロサンゼルス小児病院をサプライズ訪問し、入院中の子どもたちやその家族と記念撮影に応じたり、クリスマスキャロルを歌ったりして楽しませた。家族は電撃訪問の写真をSNSで公開している。

 「ケイティ・ペリーとオーランド・ブルームがやってきて、クリスマスキャロルを歌ってくれた」とケイトリン・ベルは書き込んでいる。「すごく美しかった」

 「彼女はまだ知らないけれど、死ぬまでにやっておきたいことのリストから1つ消えた」とカレン・バウティスタは赤ちゃんとケイティ、オーランドの4人で撮った写真にキャプションを添えた。

 「ロアー ~最強ガール宣言!」などのヒット曲で知られるケイティと、元妻で豪モデルのミランダ・カー(Miranda Kerr)との間に息子のフリン(Flynn, 5)君を授かったオーランドは、数年前からそれぞれ慈善団体に関わっていて、先週ニューヨークの国連本部であった70周年記念イベントにも一緒に出席した。オーランドは10年以上前から、ケイティも3年前から国連児童基金(UNICEF)の親善大使を務めている。

 「彼女はすばらしいよ。彼女の仕事ぶりを本当に誇りに思っている」とオーランドは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」で語っている。「彼女は大勢の人たちに声を届けられるし、この理念の擁護者としての彼女を見ているとすばらしい気持ちになる」

 またオーランドは11月、ニューヨークであったUNICEF主催の「スノーフレーク・ボール」でケイティがチャリティー活動で表彰されたときもそばで見守っていた。2人にとって特別な瞬間だったようだ。

 「彼は10年以上もUNICEFの親善大使をやっていて、私はたったの数年だから、ある意味、私にコツを教えてくれたの」と彼女は同イベントで笑顔で語った。「誰もが恋愛では何かを教える人になると今では思うようになったし、私たちはお互いにたくさん教え合ってきたわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。