• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • リース・ウィザースプーン、娘の“歯に衣を着せない”ファッション上のアドバイスは大事!

17.01.05(Thu)

リース・ウィザースプーン、娘の“歯に衣を着せない”ファッション上のアドバイスは大事!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米人気女優のリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon、40)の一番上の子供である娘エイヴァ・フィリップ(Ava Phillippe)は今年17歳。リースと前夫ライアン・フィリップ(Ryan Phillippe)との間に産まれたエイヴァは、最近とみに若い頃のリースに顔立ちが似てきたこともあって、すでにInstagram上で20万人以上のフォロワーを数える人気者となっている。今年秋には、初めて自分ひとりでレッドカーペットイベントに出席するなど、有名な両親の影から離れて次第に自分自身の個性を発揮し出しているエイヴァとあって、リースにとって最近ではいまの夫ジム・トス(Jim Toth)以上にレッドカーペットなどのイベントで着ていく服を相談できる良い相手になっているのだとか。

「ジムにあまり意見は尋ねないの。大抵は17歳になる娘に“これって見栄えする?”と聞くと、 “いいえ。かっこう悪いわ。それは着ないほうがいいよ” と正直に意見を言ってくれるからね。娘の歯に衣を着せぬ意見を頼りにしているわ」と、リースがTV番組ホストのジェンナ・ブッシュ・ヘイガー(Jenna Bush Hager)に笑いながら語ったとUs誌が伝えている。

そんなリースは、いざ迷った時のために、これは絶対自分に似合うという、“間違いのない”一着を自分の衣装棚の中に用意しているとも述べている。女友達たちの意見を聞いておいて安心して自信を持てる、そういう“特別な一着”を女性なら誰でも持っておくべきだとリースはつけ加えた。

ファッションに対する関心と故郷の米国南部への愛着を結実させて、リースは2015年に自身のファッションライン「Draper James」を立ち上げている。しかし、ファッション業界への参入は、たとえアカデミー賞受賞女優であっても、資金集めにおいて特に苦労を伴うものだったと述懐する。

「事業のために資金を集めようという時には、数多くのベンチャー投資家さんたちに何度もお会いに行って、自分の会社を説明して売りこんだわ。みなさん、わたしが女優としてどうであるかなどは関心がなく、純粋にビジネスとして見るから、それはそれは緊張したわ」と、リース。

「事業として成り立つかどうか、成功しそうかどうかがすべてで、ある意味で、これこそわたしの最高のパフォーマンスというべきものを要求されたのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。