• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • マーティン・フリーマン、別れたアマンダ・アビントンと『SHERLOCK』で夫婦役を演じ続ける!

17.01.05(Thu)

マーティン・フリーマン、別れたアマンダ・アビントンと『SHERLOCK』で夫婦役を演じ続ける!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

英俳優のマーティン・フリーマン(Martin Freeman)は、2000年に英TVドラマ “Men Only” で共演して以来の私生活上のパートナーであり、女優のアマンダ・アビントン(Amanda Abbington)と別居していることを昨年12月に公表。

ふたりは、年明けから英米で新シーズンのエピソードが放映されている人気TVドラマ『SHERLOCK』でも、これまでと同様にジョン・ワトスン医師とその妻メアリー役で引き続き演じている。

「今回のシーズンは、友人としてはまだ仲がとても良いものの、私生活では彼女ともう別れていたから、少し不思議な感覚で演じたシーズンになった」と、マーティンは英The Guardian紙に対して述べている。

「お互いのことを誰よりも良く知っているパートナーと演技するのは、とても面白いものになるところがあって、このドラマでもそれは同じで、それは変わらないのだけれどね」

新シーズンの第4エピソードでは、ふたりの間に産まれた赤ん坊を育てることの大変さにワトスン夫妻が苦戦するさまも描かれるが、10歳の息子ジョー(Joe)君と8歳になる娘グレース(Grace)ちゃんが実際にいるマーティンとグレースにとっては様々な思い出を喚起させるところもあったようだ。

「ドラマの中の赤ん坊を腕に抱きながら、アマンダとふたりで、“ああ、こんな感じだったよね、覚えている?”と言いながら演じていたよ」

ふたりの別居がとても友好的なものであることは、アマンダも公に語っている。

「お互いに対する憎悪は特に何もないの。ただ、もう一緒に住むのは出来ないとふたりの意見が一致しただけ。彼が家を出てロンドン北部のアパートに移り、わたしはそのままこれまでの家に残ることにして、ふたりの人生それぞれの新章が始まった訳です」と、アマンダは英The Telegraph紙に対して語っている。

一緒になった時はふたりとも永遠に続く関係だと思っていたので、その点はふたりとも残念に思いつつ、これが正しい選択だとともに考えているともアマンダはつけ加えている。

「子供たちのためにも、何も揉めずにとてもきれいに別れられたことを、幸いに思っているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。