• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジャニュアリー・ジョーンズ、人生のパートナーなど特に要らない!?

17.01.06(Fri)

ジャニュアリー・ジョーンズ、人生のパートナーなど特に要らない!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

TVドラマ『マッドメン』などで知られる米女優のジャニュアリー・ジョーンズ(January Jones、38)は、5歳の息子ザンダー(Xander)君を育てるシングルマザー。ザンダー君の父親が誰であるかをジャニュアリーは一切明らかにしていないが、ひとりでザンダー君を育てることに特に問題はないとジャニュアリーはRed誌とのインタビューの中で語っている。

「近所に住むわたしのパパ友や、まだ若々しいわたしの父など、ザンダーには周囲に良い男性がいてくれている。“男なら泣くな”とか“女の子みたいにボールを投げるなよ”みたいな、世の父親が思わず言ってしまう詰まらないことはしないひとたちよ。パートナーがわたしに絶対必要だとは、わたしには特に思えない」と、ジャニュアリー。

男性とまた交際したいかって?もしかしたら。でも、自分のことを不幸だとか孤独だとか全然思っていないのよ。だから、付き合うなら、あえてそのために自分の人生に場所を用意したいと思うほど素晴らしい男性でないとね。わたしにさらに幸せを与えてくれて、いまある幸せを減らさないでくれるひとならば考えてもいいかな」

まだ幼いザンダー君を育てるにおいて現在の一番の課題はやはりしつけをしっかりすることだとジャニュアリーは語る。感情が昂ぶりやすい性格だと自認するジャニュアリーは、時にはザンダー君のやんちゃぶりに自分の方が泣きだしてしまうこともあるのだとか。

「今朝は、サンダーの朝食に茹で卵とトーストとスムージーを作ったの。そしたら、ブルーベリーは口から吐き出すわ、卵は台所の流しに投げ入れるわ、トーストで遊びだすわ、としたい放題なので、思わずわたしのほうがキレてしまった」と、ジャニュアリーはため息をついた。「アンダーから皿を取上げて、泣きながら流しに放り込んでしまったわよ。誰かが大人でいないといけない場面なのに、わたしが癇癪を起こしてしまった。わたしにも子守が必要なのではいけないわね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。