• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ナオミ・キャンベル、今年こそ禁煙を実現させる決意!

17.01.06(Fri)

ナオミ・キャンベル、今年こそ禁煙を実現させる決意!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

英スーパーモデルで、現在は『Empire 成功の代償』への出演など女優としても活躍中のナオミ・キャンベル(Naomi Campbell、46)の2017年の元旦の計は、なかなかやめられない喫煙を今年こそは実現させること。そのために以前通っていた催眠療法に再び挑戦することにしたそうだ。

「まだ禁煙できていないの。「吸うタバコの量は減ったけれど、これだけはなかなか完全にはやめられない。だから、催眠療法にまた通うことにしたわ」と、米TVトーク番組『The View』において司会のウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)に対してナオミは明かした。ナオミが禁煙を最初に決意したのは数年前のことだという。

「嚢胞性線維症(CF症)患っている2人子供さんを追ったドキュメンタリーを見ていて、彼らは呼吸が上手くいかないの。ビデオの中で、子供のひとりが最後に言ったことは、“ただ息が出来ればいい”というものだったわ。彼はその時9歳。思わず思ったの。“自分はもう40年近くタバコを平気で吸って来たけれど、この子は不安なしに普通に呼吸が出来ればいいとだけ願っている。それで禁煙したいと決意したの。タバコを吸うたびに、息をするのも大変なひとたちがいるということを思うようにするといいと思う」

これに対して、自身も禁煙者であるウーピーが賛同の意を表した。

「わたしも、近しい人に同じようなことがあったのよ」と、ウーピーも禁煙すべく頑張ると語っていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。