• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ゾーイ・サルダナ、胸の横に夫の顔のタトゥーを入れる!

17.01.10(Tue)

ゾーイ・サルダナ、胸の横に夫の顔のタトゥーを入れる!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

映画『アバター』でも有名な女優のゾーイ・サルダナ(Zoe Saldana, 38)が、夫であるマルコ・ペレゴ(Marco Perego)の顔のタトゥーを胸の横に入れて、彼への消えることのない愛を示した。

アーティストであるマルコはゾーイと2013年に結婚して、2014年には彼女の顔のタトゥーを腕に入れた。以来ゾーイはお返しに彼の顔のタトゥーを入れようと計画していたが、2016年の終わりにやっとやり遂げた。

「胸の横に夫の顔のタトゥーを入れたの」とETOnlineに語ったゾーイ。「彼が私の顔のタトゥーを腕に入れてくれたので、私も同じことをするのが公平だし、そうしたいと思っていたわ」

ビキニを着れば見えてしまうものの、ドレスを着た際にはタトゥーが見えないよう注意して入れる場所を選んだゾーイだが、いずれはタトゥーをもっと入れる予定だという。

ゾーイはタトゥーを入れるのがかなり痛かったことを認め、「タトゥーを入れた翌日はベッドから動けない」ほどで、彼女が出演する最新映画『Live By Night(原題)』のプロモーションの間もタトゥーを入れた場所がずっとかゆかったという。

タトゥーにする顔写真をどうやって決めたのか尋ねられたゾーイは、「マルコと初めてデートした頃を思い出したの。彼はアーティストだからその頃の写真をインターネットで検索してみたら、案の定見つかって写真が出てきたわ。こういうのが欲しいと思っていた素敵な写真だったわ」と応えた。

ゾーイはジェームズ・コーデン(James Corden)がホストを務めるトークショーでも夫の顔のタトゥーを入れたことを打ち明け、2年間ずっとタトゥーを入れようとしてきたのに、入れようとする度にマルコが彼女の予約を横取りしてタトゥーを入れてしまったと語った。

「夫の体はタトゥーだらけよ。私がタトゥーを入れようとすると、私を押しのけて彼が新しいタトゥーを入れてしまうの。それでタトゥーを入れるまで結局2年もかかってしまったわ」とゾーイは語った。

2013年から交際を始めた2人には双子の息子のサイ(Cy)君とボウイ(Bowie)君がいる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。