• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • サラ・ジェシカ・パーカー、ゴールデングローブ賞授賞式にウェディングドレスを着て出席した理由は?

17.01.11(Wed)

サラ・ジェシカ・パーカー、ゴールデングローブ賞授賞式にウェディングドレスを着て出席した理由は?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

往年のTVドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』で知られる米女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker、51)は、1月8日に行われたゴールデングローブ賞授賞式に「ヴェラ ウォン」(Vera Wang)の白いドレスで登場して注目を浴びた。「ヴェラ ウォン」といえばウェディングガウンが特に有名だが、サラ・ジェシカがこの夜着ていたのも、実際「ヴェラ ウォン」の2017秋ブライダルコレクションからの一品だった。

どういう理由でサラ・ジェシカがこのドレスを選んだかというと、話はサラ・ジェシカが20年以上前の1997年に俳優のマシュー・ブロデリック(Matthew Broderick)と結婚した時にさかのぼる。サラ・ジェシカは、この時の結婚式では黒のドレスを着て挙式をしているのだが、実は今になってそのことを少し悔いているというのだ。

「結婚式で黒を着たのが、何か考えがあって恰好をつけたとかというのなら良かったのだけれど、ただ単にあの時はウェディングドレスを探しに行くのが恥ずかしかっただけなの」と、サラ・ジェシカは昨年10月にインターネット配信番組「Watch What Happens Live」に出演の際に撃ち明けている。「わたしが良く知っているお店があったので、その店に置いているものをとにかく掴んで購入して済ませてしまったということなのよ」

そのような後悔が心にあったので、今年のゴールデングローブ賞に何を着ておこうかと考えた時に、サラ・ジェシカは花嫁衣装が良かろうと思ったのだという。特に注目を浴びた花冠風のヘアスタイルについては、サラ・ジェシカの母の結婚式からインスピレーションを受けたのだそうだ。

「わたしの母が結婚した時の写真が残っていて、その時の母のヘアスタイルがこれだったの。わたしの髪をしてくれるセルゲ・ノーマント(Serge Normant)にそのことを話してあって、最初の予定ではこれにするつもりはなかったのだけれど、最終的にこの髪型になったのよ」と、サラ・ジェシカはゴールデングローブ賞授賞式の際に「Entertainment Tonight」に対して説明した。

昨年12月末に急死したキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)の「レイア姫」を思わせるところもあったサラ・ジェシカの花冠ヘアスタイルだったが、そうみなに思われたことをサラ・ジェシカは光栄に思うことにしたそうだ。

「別にそれを狙ったわけではないのだけれど、とても偉大な女性に対する、ちょっとした敬意の印になったかもしれないわね」

そのキャリー・フィッシャーは、本人役でキャリーの『セックス・アンド・ザ・シティ』にゲスト出演したこともある。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。