• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブライス・ダラス・ハワード、10数年越しの大学卒業に向けて通学もする日々!

17.01.11(Wed)

ブライス・ダラス・ハワード、10数年越しの大学卒業に向けて通学もする日々!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

映画『ジュラシック・ワールド』などで知られる米女優のブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard、35)は、学生時代の2003年に映画『ヴィレッジ』の主役に抜擢されて本格的な女優生活を開始して。そのため当時通っていたニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アートでの勉学は中途のままになっていた。今年後半には『ジュラシック・ワールド』の続編の撮影に入るブライスだが、いまは10数年越しの大学卒業を目指して再び大学にも通っている最中とのことだ。

「もう少しで学位を取得できるところまで来たわ。大学に通うこと自体は2003年以来だけれど、これまでの間に単位は少しずつ取ってきたの」と、ブライスはNew York Daily Newsに対して語っている。

「わたしは演劇専攻だったのだけれど、社会学の単位をその後多く取ってきたから、専攻をそちらに変えて卒業することになると思うわ」

大学での勉学を中断して映画出演に専念したこと自体に対しては、人気映画監督ロン・ハワード(Ron Howard)の娘でもあるブライスは後悔していないという。

「あの時はそうすることが正しい選択だったから、それで良かったと思っている。大学で勉強に力を入れてはいたけれど、同時にオーディションも受けていた。役を貰った時からは、そちらに集中することにしたの」

『ジュラシック・パーク』シリーズ久々の第4作で2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』では、ブライスと共演のクリス・プラット(Chris Pratt)との息の合った演技が批評家筋からも特に好評を得たが、劇中でのロマンチックな一瞬のシーンは実は脚本に指示があったものでは特になかったのだとか。

「キスしろとは、スクリプトに書いてなかったの。別テイクの時に自分たちでアドリブでしたことなのよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。