• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ソフィア・ベルガラ、ゴールデン・グローブ賞の言い間違いで赤っ恥!

17.01.11(Wed)

ソフィア・ベルガラ、ゴールデン・グローブ賞の言い間違いで赤っ恥!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米TVシリーズ「モダン・ファミリー」などで知られるコロンビア出身の女優ソフィア・ベルガラ(Sofía Vergara)が、8日夜に開催されたゴールデン・グローブ賞授賞式で壇上に上がった際、「annual」(年に一度の)と言うべきところを「anal」(肛門の)と言ってしまい、不運な言い間違いに泣かされた。

 ソフィアはミス・ゴールデン・グローブを務めたシルベスター・スタローン(Sylvester Stallone)の娘3人を紹介する際、次のようにスピーチをスタートした。「こんばんは、ハリウッド外国人映画記者協会には肛門の伝統があります」

 あわてた様子のソフィアはこう続けた。「いえ、そういう意味では…協会にはアヌス(anus)の伝統が…。協会には年に一度、ミス・ゴールデン・グローブとして授与のアシスタントを務める次の世代の若者を選ぶ伝統があります。今夜はシルベスター・スタローンとジェニファー・フレイヴィン(Jennifer Flavin)の美しい3人娘であるスカーレット(Scarlet)、システィン(Sistine)、そしてソフィア・スタローン(Sophia Stallone)がその役を務めます」

 視聴者はソフィアの言い間違いに即行でコメントしたが、それがわざとだったのか、純粋な間違いだったのかについての意見が多かった。当のソフィアは台本に書かれていた「演出」だとほのめかしており、バックステージでの写真をInstagramで公開し、次のようなキャプションを添えた。「バックステージではさびしそうに見えるけれど、ア*スのジョークを考えていただけよ! アハハ!!!!」

 このジョークはソフィアが「モダン・ファミリー」で演じるグロリアが英語の学習で苦労する姿を反映しているが、多くの視聴者はその後、自身のルーツを再びちょっとした笑いのネタにした彼女をSNSで批判した。

 言い間違いで物議をかもしたとはいえ、ソフィアは授賞式を大いに楽しんでいた。ズハイル・ムラド(Zuhair Murad)のクチュールドレスにはゴールドのシアーパネルと複雑な刺しゅうが施され、ベストドレッサーランキングでトップクラスの評価を受けた。また、驚くほどそっくりなドレスを着ていた、米テレビシリーズ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」などで知られるインド出身の女優プリヤンカー・チョープラ(Priyanka Chopra)ともバックステージで交流していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。