• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • レナ・ダナム、「GIRLS」終了で野生生物支援と水晶治療者への転身を検討!?

17.01.13(Fri)

レナ・ダナム、「GIRLS」終了で野生生物支援と水晶治療者への転身を検討!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米TVシリーズ「GIRLS/ガールズ」で知られる女優のレナ・ダナム(Lena Dunham, 30)は、同ドラマの終了後に野生生物を扱う仕事や水晶の専門家になるという風変わりなキャリアチェンジを検討していた。

 「GIRLS」は年内に放送が終了するため、レナは次にどんな仕事をしたいか分からなくなった。このため、普通とは言えないアイディアを思いついたという。

 「精神的におかしくなって、『野生生物のリハビリ療法士と水晶の専門家になる』と考えていたわ」とレナは米Nylon誌とのインタビューで打ち明けた。

 しかし恋人でミュージシャンのジャック・アントノフ(Jack Antonoff)の説得で思いとどまったようだ。

 「ボーイフレンドは『いや、ダメだよ』と言ってきたけれど、『リスやフクロウのリハビリをしたい』と言い返したの」

 「それに、『水晶療法ができるように勉強するつもり』とも。彼は『幸運を祈るよ』と言ってくれたわ」

 しかし結局レナは転職を考え直し、現在は「GIRLS」の最終シリーズのプロモーションに加え、「Lenny」のタイトルで配信する人気メールマガジンとポッドキャスト番組に力を入れている。

 「(終了時には)不安で泣きじゃくることになるかもしれない」とレナは認めた。「こんな仕事を経験できることはもうないと思っているの。1つのプロジェクトを8年間も続けることができた。まるで生きて、息をしている生命体のようなものだけれど、同時に最高の幸運でもあるわ」

 一方、米大統領選で反対していたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が勝利したことを受け、最終シーズンではアメリカの政治問題に焦点をあてるともレナは明かした。

 「トランプが大統領に就任した直後にドラマをPRするのは面白そう」とレナは続けた。「最終シーズンでは複雑な話題が扱われるのは間違いないし、次の政権には快く思われないはず。Twitter史上最悪の罵倒の嵐になるのじゃなく、大事な議論を喚起してくれたらと思っているわ。でも、そうなってしまうかも」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。