• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • キム・カーダシアンの強盗事件でさらに6人が起訴!

17.01.16(Mon)

キム・カーダシアンの強盗事件でさらに6人が起訴!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米「E!」が放送するリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)が昨年10月、パリ市内で強盗被害に遭った事件で、仏警察はさらに6人を起訴した。

 当局は9日、パリ市内のアパートメントタイプのホテルでキムを縛り、猿ぐつわをはめ、銃を突きつけた上で、夫でラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)から贈られた400万ドル(約4億5,800万円)の婚約指輪を含むジュエリーや携帯電話を奪った強盗事件に絡んで17人を逮捕した。

 12日には4人が正式に起訴されたが、さらに拘束中の6人が関連する容疑で起訴された。

 今回起訴された6人は、44歳から72歳の男性5人、女性1人だと仏AFP通信は伝えている。うち1人の男性はオマール・A(Omar A)という名前で、強盗を計画した首謀者だとみられている。事件現場では、2児の母でもあるキムを拘束するために使われたテープとプラスチック製の結束バンドからDNAの痕跡が発見されたと報じられている。

 13日の起訴内容は組織犯罪への関与、誘拐、犯罪結社、さらに銃弾の入手と所持、詐称、虚偽行政文書の所持などが含まれている。

 米芸能情報サイト「TMZ」によると、クリスチアン・G(Christiane G)とみられる70歳のギャングは、自動小銃AK-47を所持していたことでも起訴さているという。

 強盗事件後はメディアへの露出を避けていたキムは最近、「お騒がせセレブライフ」の次シーズンの予告編で事件について口を開いた。キムは涙をこらえながら、姉コートニー(Kourtney)と妹クロエ(Khloe)に当時の様子を語っている。

 「背中から撃とうとしていたの。逃げようがなかった」とキムは銃を突きつけられたときの恐怖について話した。「考えるだけでも恐ろしいわ」

 キムは13日に仕事上の契約を再開したばかりで、長年キムのメイクアップ・アーティストを務めているマリオ・デディヴァノヴィッチ(Mario Dedivanovic)と一緒にアラブ首長国連邦のドバイでコスメティックのマスタークラスに出演。事件後初めて公の場に姿を見せた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。