• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ドナルド・トランプ氏擁護のコメントで批判集中のニコール・キッドマンが反論!

17.01.17(Tue)

ドナルド・トランプ氏擁護のコメントで批判集中のニコール・キッドマンが反論!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領を支持すべきだと呼びかけたことで批判が集中した女優のニコール・キッドマン(Nicole Kidman, 49)が反論に転じた。

 アメリカとオーストラリアの二重国籍を持つニコールは先日、英BBCとのインタビューで、トランプ氏が昨年11月の選挙で勝利した結果を苦々しく思っているアメリカ国民に対し、トランプ氏を支持すべきだとコメントした。

 「私は常に、政治的なコメントを自ら言うことを遠慮していたわ。アメリカやオーストラリアについてそうしたことは一度もない。私は論点主義なの」とニコールは説明した。「私が言いたいのは、彼は選ばれたのだから、私たちは国家として大統領が誰であろうと支持する必要があるということだけ。それが国家の基礎というものだわ」

 「何がどうなろうと、彼はそこにいるわけだから、前に進むしかないのよ」と彼女はつけ加えた。

 またニコールは、ホワイトハウスの主が誰であろうと、女性のための理念の支援を続けるとも断言した。

 「(国連組織)UNウィメンのために寄付金集めの活動や、そのために各地を訪問する活動もたくさんして、女性の問題に深く関わっているの」とオスカー女優のニコールは続けた。「それに、自分の家族に深い影響を与えたからこそ、乳がんや卵巣がんのためにたくさんの募金活動もしている。だからこそ、これらの問題に強く結びついているの」

 ニコールのコメントは激しい怒りを引き起こし、2児の母でもある彼女は13日、コメントの真意の説明に追い込まれた。

 「私は民主主義と合衆国憲法を信じると強調しようとしただけよ…」とニコールは米エンターテイメント情報番組「Access Hollywood」で語った。「ただそれだけのことなのに」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。