• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズの元メンバーが往年のヒット曲を歌うことを禁じるため提訴!

17.01.17(Tue)

ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズの元メンバーが往年のヒット曲を歌うことを禁じるため提訴!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 元スパイス・ガールズ(Spice Girls)のヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)が、元メンバー3人がグループのヒット曲を歌うことを禁じるため提訴したと報じられた。

 メラニー・ブラウン(Melanie Brown)、ジェリ・ホーナー(Geri Horner, 44)、エマ・バントン(Emma Bunton)らは、グループ結成から20周年を記念して年内に再結成を計画していた。しかしヴィクトリアとメラニー・チズム(Melanie Chisholm)は参加を拒否した。

 ジェリらはGEMとして再結成し、過去の大ヒット曲を披露するつもりでいたが、現在はファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリアは自身の弁護団を招集し、3人の行動を阻止する動きに出た。

 英The Sun紙によると、かつて「ポッシュ・スパイス」として活動していたヴィクトリアは、自分が作曲家としてクレジットのある楽曲を元バンド仲間たちが歌うことを拒否していると伝えている。

 ある事情通は同紙に対し、4児の母でもあるヴィクトリアはメル・B、ジェリ、エマらを食い止めるために「攻撃的な法的書簡」を送りつけ、彼女たちを悲しませたと明かした。

 「今まで一緒にすごした年月を、こんな形で終わらせるのは極めて残念。彼女たちはとてもショックを受けている。とても残念な終わり方だ」と事情通は同紙に語っている。

 ヴィクトリアが弁護団を巻き込んだ要因の1つは、ネット上に流出したGEMの曲「ソング・フォー・ハー」だったとされ、ファンの間でも評価が割れていた。The Sunによると、ヴィクトリアは3人がスパイス・ガールズのヒット曲に新曲を加えようとしているのではと懸念していたようだ。また、作曲としてクレジットされているだけに、ヴィクトリアはスパイス・ガールズのレガシーと財源を手がける会社を共同で所有していることもある。

 ファッションビジネスが大成功を収めているヴィクトリアは昨年、ジェリら3人が自分たちの新曲を歌うことが望ましいとコメントしていた。

 「でも、私たちがスパイス・ガールズでやったことは本当に特別なものだから、彼女たちは自分たちの曲を歌うべきだと思っているわ」とヴィクトリアは司会者のクラウディア・ウィンクルマン(Claudia Winkleman)に語っている。「スパイス・ガールズの曲を歌うなら、少し残念」

 一方で先日、ジェリは家族との時間に集中するため再結成計画から脱退したとも報じられていた。ジェリは昨年10月、F1チームの代表を務めるクリスチャン・ホーナー(Christian Horner)との第1子で、自身にとって2人目の子どもの妊娠を発表した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。