• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ラッパーの50セント、ワークアウトに勤しむのはケガ防止のため!?

17.01.18(Wed)

ラッパーの50セント、ワークアウトに勤しむのはケガ防止のため!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米人気ラッパーにして俳優でもある50セント(50 Cent、本名カーティス・ジャクソンCurtis Jackson)は、鍛え上げた見事な筋肉美を誇ることで知られているが、41歳のいまも週5日もワークアウトをしているのは、特段自分の見た目を気にしているためではないという。

「ぼくは、通常トレーナーのジェイ・カーディロ(Jay Cardiello)の指導のもと、一日1時間ずつ週5日トレーニングをするんだ」と、50セントはMuscle & Fitness誌に対して語っている。「ぼくが思うに、トレーニングを欠かし出すと、ひとは負傷しやすくなる。トレーニングを続けていると、椅子に座ったり飛行機に長時間乗っていたりしても、身体が固くなったり背中が痛くなったりしないと、ぼくは感じているんだよ。頻繁にワークアウトしないと、そういった問題がどうしても起こるのにね」

2000年に銃撃事件に巻き込まれ、その際に受けた散弾銃による傷を右尻に多く抱える50セントとあって、ワークアウトにおいてはその部位を良くほぐすことに特に留意しているという。右足には金属製のピンを入れており、左足よりも少し短いためにトレッドミルを使ったトレーニングの時はバランスを取るのに少し苦労するらしいが、いろいろなワークアウトを組み合わせるのが、50セントが好むワークアウトの流儀である。

「バスケやランニングをすることもある。ワークアウトがライフスタイルの一部になると、健康のためにいろいろなことをやってみようという気になる。同じことの繰り返しでマンネリ化してしまい、自分が楽しがちになったら、変化のために別のことをやってみることにしているのさ」

いま50セントが特に気に入っているフィットネス方法のひとつは、ちょっと意外に聞こえるかもしれないが「ホットヨガ」なのだそうだ。温湿度を上げたスタジオで行うこのヨガに、50セントは“瞬く間に入れ込んだ”のだとか。

「すごく発汗するので、“なんじゃこりゃ!”と自分で思わず感心するんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。