• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • キム・カーダシアン、女性版『オーシャンズ11』のカメオ撮影に参加!

17.01.19(Thu)

キム・カーダシアン、女性版『オーシャンズ11』のカメオ撮影に参加!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるキム・カーダシアン(Kim Kardashian, 36)が17日夜、異父妹のケンダル(Kendall)、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)と一緒に女性版『オーシャンズ11』となる『Ocean’s Eight(原題)』のカメオ出演シーンの撮影にのぞんだ。キムは昨年10月、パリ市内で武装強盗被害に遭ってからはメディアへの露出を避けていたが、ここへ来て公の場に姿を見せるようになっている。

 キムたち3人は同クライムアクション映画で、ニューヨークのメトロポリタン美術館主催の「METガラ」こと「コスチューム・インスティチュート・ガラ」のシーンの撮影に参加した。

 キムは先週、強盗被害に遭ってから初めて公の場に登場していた。白いレースの飾りが施されたシアードレスにクリーム色のファージャケットを合わせ、艶のある髪をなびかせたキムは、ホテルから撮影現場へと向かっていった。

 モデルとしても活躍するケンダルはキムのドレスに似た、紫がかったグレーのエリー・サアブ(Elie Saab)のオートクチュールドレス姿で、カイリーは黒いトップスとトラウザーにカモフラージュのジャケットというカジュアルな装いだった。それが映画でのカイリーの衣装だったのか、あるいは現場で着替えるつもりだったのかは不明だ。

 『オーシャンズ』シリーズのオール女性キャスト版となる『Ocean’s Eight』では、ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)、アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、サンドラ・ブロック(Sandra Bullock)、ヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter)、サラ・ポールソン(Sarah Paulson)、リアーナ(Rihanna)、ミンディ・カリング(Mindy Kaling)らが主演を務め、マット・デイモン(Matt Damon)、ダミアン・ルイス(Damian Lewis)、ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)、ジェームズ・コーデン(James Corden)らも出演する。

 先日、米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」がMETガラのシーンの内容を暴露し、ある事情通によると、米Vogue誌のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長のカメオ出演もあるという。

 今回のキムとカイリー、ケンダルらの撮影は、先週メトロポリタン美術館のデンドゥール神殿で撮影されたシーンに続くもの。ファッションデザイナーのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)とザック・ポーゼン(Zac Posen)の2人も出演し、撮影セットではケンダルやジャレッド・レト(Jared Leto)といったトップスターの座席カードがテーブルに置かれ、エキストラがその席に座っていた。

  ケイティ・ホームズ(Katie Holmes)も先日カメオ出演を終えており、エンターテイメント情報サイト「ET Online」にこう語っている。「『オーシャンズ』シリーズはどれも大好き。だから今回はこんなにたくさんのすばらしい女優がそろっていることがうれしい。その一部になれて楽しいわ。私は自分自身を演じているの。カメオ出演だけだから」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。