• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニーナ・ドブレフ、グラビア撮影で「プライベートな部分」が露出し大恥をかいたエピソードを告白!

17.01.19(Thu)

ニーナ・ドブレフ、グラビア撮影で「プライベートな部分」が露出し大恥をかいたエピソードを告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米人気TVシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で知られる女優のニーナ・ドブレフ(Nina Dobrev, 28)が先日、グラビア撮影中に「プライベートな部分」がはみ出してしまい、大恥をかいたと告白した。

 ニーナは米Men’s Health誌の2017年度Tech Guide号の表紙を飾り、見開きのグラビアではツーピースのビキニを着てハンモックにゆったりと寝そべるというセクシーな姿を披露している。

 レタッチされた画像では安定しているように見えるが、撮影現場ではそうではなく、男性スタッフ2人がハンモックを持ち上げていたと説明。バランスを取るのに苦労していた彼女は、うっかり大事な部分をスタッフの1人に見せてしまったという。

 「顔を上げて目の前にいた男性と視線が合ったら…彼は目を見開いて帽子を置いたの」とニーナは17日、ニューヨークに新しくオープンした「ビルド・スタジオ」で米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」に打ち明けた。「そのときまで、自分がちっちゃなビキニを着て、両脚を大きく開いていたことに気づかなかったの」

 「もう本当に気まずかったわ! ただ彼を見て、『あら、ごめんなさい…それとも、どういたしましてかしら?』と言ったの」とニーナは笑った。

 そんなニーナは、印刷されたグラビア写真のほとんどは現実からかけ離れているとも暴露している。

 「どんなにワークアウトしても気にならないわ」と彼女は続けた。「自分をしっかり支えて、楽に構えるなんてできるわけがないもの。ハリウッドのようなショウビジネスでは、すべてが華やかだと思われていて、最後に仕上がったものを見てそう思われるのも分かるけれど、必ずそれが事実というわけでもないの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。