• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • スコット・イーストウッド、滝からの違法な飛び降りで捜査対象に!

17.01.20(Fri)

スコット・イーストウッド、滝からの違法な飛び降りで捜査対象に!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のスコット・イーストウッド(Scott Eastwood, 30)が、オーストラリアで禁止されているクリフジャンプの動画を公開し、罰金を命じられる可能性が浮上した。

 『スーサイド・スクワッド』などで知られるスコットは現在、オーストラリアで『パシフィック・リム』の続編の撮影にのぞんでいるが、休日だった17日、複数の友人らとシドニー近郊にある景勝地ワッタモラ滝を訪れた。ロイヤル国立公園にある入り江はスリルを求める人たちに人気で、高い崖から真下の海面に飛び降りる人も多い。スコットも同じことに挑戦し、その動画をInstagramで公開した。

 「まあ見ていてくれ…」とスコットはキャプションを添えている。

 しかし、その向こう見ずな性格で当局とトラブルを引き起こす可能性が出ている。同地域でのクリフダイビングは、安全上の懸念から禁止されているからだ。

 国立公園野生局(NPWS)は調査に乗り出したことを明かし、クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)を父に持つスコットが高額の罰金を命じられる可能性がある。

 「残念ながら、複数の人たちが警告標識を無視し、舗装された道を外れて障壁を乗り越え、自らをケガの危険にさらした」と同局の広報官は豪ABC Newsに語っている。「NPWSはこの件を調査し、もし必要であればどんな行動を取るか決定する」

 NPWS幹部はワッタモラ滝から他にも飛び降りる人たちが出ないように、さらなる安全対策を実施することも検討している。昨年12月25日には27歳の男性が飛び降り、溺死する事故があった。

 スコットは現在、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ(John Boyega)との共演で、2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)監督による『パシフィック・リム』の続編『Pacific Rim: Maelstrom(原題)』の撮影にのぞんでいる。スティーヴン・S・デナイト(Steven S. DeKnight)が新しく監督を務める同モンスター映画は来年の公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。