• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • キム・カーダシアン、自身の絵文字“KIMOJI”のグッズ販売拡大を計画中!?

17.01.24(Tue)

キム・カーダシアン、自身の絵文字“KIMOJI”のグッズ販売拡大を計画中!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

“お騒がせセレブ”として名高い米リアイティ番組スターのキム・カーダシアン(Kim Kardashian、36)は、2015年暮れに自分自身をイメージに考案した絵文字“KIMOJI”を発表、これを使うアプリが販売開始日にアップルストアでの販売が何故かクラッシュして、キムが“KIMOJI”の人気ぶりを豪語する騒ぎになった。

この“KIMOJI”をモチーフに使った衣服、化粧バッグ、ステッカー、ジュエリー、アクセサリー類をキムは現在オンライン限定で販売しているが、エンタメ情報サイトTMZが伝えるところでは、キムはこれらのグッズを店頭販売にまで拡大したいといま目論んでいるとのことだ。

同サイトがキムの関係筋から入手した情報では、この計画はまだ企画の早い段階にあるもののが、小売店向けに販売を打診する書類などがすでに準備され出しているという。キムの夫である人気ラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West)が、昨年世界各地に期間限定のポップアップ・ストアを展開することで、彼の新アルバム“The Life of Pablo”の関連グッズの人気を盛り上げて大いに販売に成功した事例にならいたいとキムが考えているとDMZは推測している。

昨年8月、ロンドン、ロサンゼルス、ラスベガス、ケープタウンなど21都市にカニエが設けた“The Life of Pablo”関連グッズのポップアップ・ストアの開店イベントには多くのファンが殺到し、アーチストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が描いた“The Life of Pablo”のカバーアートをモチーフにカニエがデザインしたTシャツ、デニムジャケット、パーカー類がたしかに飛ぶように売れている。キム自身、そもそもセレブとしての地位を確立したのは、元カレの歌手レイJ(Ray J)とのセックスビデオが“リーク”されたことによるところが大きいなど、そのしたたかな宣伝上手さには定評さがある。今回はいったい何を仕掛けてくるか、また注目されるところだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。