• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カイリー・ジェンナー、父親を失った友人に1万ドルを寄付

17.01.26(Thu)

カイリー・ジェンナー、父親を失った友人に1万ドルを寄付

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が、親友でモデルのジョーディン・ウッズ(Jordyn Woods, 19)の亡き父親の医療費と葬儀費を支援するため1万ドル(約114万円)を寄付した。

 ジョーディンの父ジョン(John)は今月がんで亡くなったが、実業家としても活躍するカイリーは喪に服す親友をサポートしている。寄り添って慰めるほか、彼女の家族が葬儀費を捻出するためにクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で始めたキャンペーンに1万ドルを寄付した。

 GoFundMeの専用ページには、未亡人のエリザベス(Elizabeth)が胸が張り裂けるようなメッセージを寄せ、家族の悲しみをつづっている。「あまりにも突然なショックでした。私たちは感情的、精神的、そして経済的に影響を受け、夫の衝撃的な死が本当にどんな影響を家族にもたらすのか見当もつきません。ジョンの葬儀のプランを始めていますが、医療費の一部の支払いも残っている状況です」

 ウッズ家はGoFundMeで5万ドルの目標額を設定したが、カイリーの募金で目標に大きく近づいた形だ。「みんな、とても愛しているわ」とカイリーはページに書き添えた。

 ジョーディンは先週、父親ががんと診断されてすぐに亡くなったことをInstagramで明かした。

 「昨夜、天国に天使がまた1人誕生しました。父です。ほんの2週間前にがんと診断され、すでに手遅れでした。みんなの温かい言葉は私にとって大きな意味があり、感謝します。まだ現実とは思えません。いつも、いつまでも」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。