• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 反トランプ活動中に逮捕されたシャイア・ラブーフ、保釈後も抗議を続行!

17.01.27(Fri)

反トランプ活動中に逮捕されたシャイア・ラブーフ、保釈後も抗議を続行!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米新大統領への抗議活動を生配信中に暴行容疑で逮捕された俳優のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf, 30)が、保釈後も配信を続行した。

 シャイアは26日早朝、ニューヨーク市の映像博物館(ミュージアム・オブ・ムービング・イメージ)の反対側で俳優のジェイデン・スミス(Jaden Smith)と一緒に「HE WILL NOT DIVIDE US」と銘打ち、4年間続けるアートプロジェクトを展開しているが、その配信中に小競り合いが起きた。暴行と嫌がらせの軽犯罪で逮捕され、保釈金を納めて保釈された。

 このアートプロジェクトでは、トランプ大統領の選出に抗議するため、白い壁に書かれた「彼によって分断されるわけにはいかない」というフレーズを繰り返す一般市民の姿がカメラでとらえられ、生配信される。

 『トランスフォーマー』シリーズで知られるシャイアはニューヨーク市警の警官によって手錠をかけられて連行されたが、数時間後に抗議活動を再開し、他の活動家らと一緒にカメラに向かってフレーズを繰り返した。

 仲間の活動家たちは逮捕されたシャイアを擁護し、反トランプのパフォーマンスアートを乗っ取ろうとしたナチスのシンパに対抗したものだったと主張している。ある事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に対し、「シャイアは僕たちの代わりに殴られた。ここにはそこらじゅうにナチスがいて、僕たちを守ろうとして前に出てきたんだ」と語っている。

 シャイアに協力するジェイデンも、友人の逮捕を受けて「#シャイアを自由に」とツイートした。

 カメラがとらえた映像には、白人至上主義的なスローガンを叫ぶグループとシャイアが小競り合いになる様子が映っている。

 シャイアは22日、「人種としての白人の存在を確保しなくてはならない」と叫ぶ男性に食ってかかり、また別の男性が「ヒトラーは何も間違ったことをしなかった」と叫ぶ場面もあった。

 シャイアの逮捕が差別的なスローガンを叫んでいた人たちとの対立に関係するかどうかは不明だ。

 シャイアは今後、暴行と嫌がらせの容疑について説明するため、裁判所で供述することになる。ニューヨーク市警は23日以降、抗議パフォーマンスの現場に警官を配置している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。