• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 精神鑑定のため入院したミーシャ・バートン、原因は飲み物に混入された薬物と主張!

17.01.30(Mon)

精神鑑定のため入院したミーシャ・バートン、原因は飲み物に混入された薬物と主張!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米人気ドラマ「The OC」などで知られる女優のミーシャ・バートン(Mischa Barton, 31)は、精神鑑定のため入院するきっかけとなった「奇行」の原因は、バーで飲んでいたドリンクに薬物が混入されたためと主張している。

 ミーシャは26日朝、友人と誕生日パーティーを開いた後にロサンゼルス市内のシーダーズ・サイナイメディカルセンターに搬送された。複数の事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に対し、彼女はウエスト・ハリウッドの自宅で裏庭のフェンスから身を乗り出したり、母親が魔女だとわめき散らしたりしていたという。

 近隣住民から複数の通報を受けて現場に駆けつけた警察は、ワイシャツとネクタイだけを身につけていたミーシャを発見。ミーシャは自らの意志で精神鑑定を受けるため同メディカルセンターに搬送されたという。

 「25日の夕方、自分の誕生日を祝うため友だち数人と出かけたの。飲んでいるうちに自分がおかしな行動をするようになってきて、何かが変だと気づいたの。それから数時間でどんどん悪化していったわ」とミーシャは主張している。「自分の意志で専門の治療を受けに行ったら、GHB(違法ドラッグとしても使われるガンマヒドロキシ酪酸)を盛られていると言われた。その夜は入院したけれど、今は自宅で元気よ」

 またミーシャは同メディカルセンターの医療チームに感謝し、今回の騒ぎが若者がバーで飲むドリンクに気をつける教訓になってほしいとも語った。

 「これは若い女性全員にとっての教訓よ。自分のいる環境には気をつけてほしい」とミーシャはつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。