• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アントニオ・バンデラス、胸の痛みを訴えて緊急搬送!

17.01.31(Tue)

アントニオ・バンデラス、胸の痛みを訴えて緊急搬送!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas, 56)が26日、エクササイズ中に「胸のひどい痛み」を訴えて病院に搬送されていたことが分かった。

 アントニオは同日、英サリー州にある自宅でエクササイズ中に胸に痛みを感じ、救急隊を呼んだ。チャートシーにあるセント・ピーターズ病院に救急車で搬送されたと英The Sun紙は伝えている。

 様子を見た医師らはアントニオの退院に問題はないと判断したという。

 『マスク・オブ・ゾロ』などで知られるアントニオはThe Sunの取材に「エピソード」(症状の発症)があったことを認め、駆けつけてくれた救急隊を称賛した。

 アントニオは2015年にイングランドへ移住し、現在は2014年から交際しているオランダ人投資コンサルタント、ニコール・ケンペル(Nicole Kimpel)と300万ドル(約3億4,300万円)の豪邸で暮らしている。同じ年には18年連れ添った妻で女優のメラニー・グリフィス(Melanie Griffith)との別居を発表した。

 アントニオは以前、Hello!誌とのインタビューで英国移住について語り、サリー州での生活は以前よりリラックスしたものだと認めた。

 「この家は今の人生で必要なシンプルさと自由を与えてくれる。サリーはまさに魔法のようだ」とアントニオは説明した。「もうパーティーで騒ぐこともないし、今はものを書いたり、自分の考えを理解したりするためのスペースと平穏がある。いくつかの脚本を書いているんだ」

 アントニオは今も俳優として活躍しており、最近の主演作には2010年のチリ鉱山落盤事故を描いた『チリ33人 希望の軌跡』がある。その過酷な撮影では体に大きな負担がかかったようだ。

 「最も肉体的にきつかったのは鉱山の中にいることだった」とアントニオは以前、英The Independent紙に語っている。「メタンガスが充満する非常に有害な鉱山で、何日経っても口の中に金属があるような感じが抜けないんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。