• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • イギー・アゼリアが審査員を務めた豪版「Xファクター」が打ち切りに!

17.02.01(Wed)

イギー・アゼリアが審査員を務めた豪版「Xファクター」が打ち切りに!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 音楽オーディション番組「Xファクター」AU版が打ち切りになり、審査員を務めていた豪ラップ歌手のイギー・アゼリア(Iggy Azalea)がお払い箱になった。

 大物プロデューサーのサイモン・コーウェル(Simon Cowell)が手がけ、世界中で大人気の同番組にはイギーに加え、クイーン(Queen)のフロントマンを務めるアダム・ランバート(Adam Lambert)、ガイ・セバスチャン(Guy Sebastian)、元スパイス・ガールズ(Spice Girls)のメル・B(Mel B)らも審査員として出演していたが、ここ数ヶ月は低視聴率にあえいでいた。昨年はティーンエイジャーのイザイア・ファイアーブレース(Isaiah Firebrace)が優勝したが、視聴者数はわずか75万1,000人だった。

 豪放送局Sevenのアンガス・ロス(Angus Ross)番組編成長は豪ブログ「TV Tonight」に対し、視聴率の低迷で打ち切りが決まったと認めた。

 「『Xファクター』の次シーズンはない。昨年の後半は前半に比べ、成功していないのは明らかだ」とロス編成長はため息をついた。「(豪ドラマ)『Secret Daughter』の成功で後半を成功裏に終えたが、他の番組には少し失望したものもある」

 「Xファクター」打ち切りが報じられる前には、イギーとガイの不和が伝えられていた。2人はお互いに出場者への発言をめぐって衝突することが多く、別のオーディション番組「オーストラリアンアイドル」の初代チャンピオンだったガイはイギーと一緒に仕事するのは大変だと批判したこともある。豪ラジオ局KIIS FMの番組「Kyle and Jackie O」とのインタビューでは、イギーがホテルで休憩する間、自分やアダムが何時間も待たされることがあったと明かした。

 「イギーが1、2、3時間も遅れて、アダムと僕は大目玉を食らうんだ」とガイは語った。「彼女は(地元から車を運転して)来ると思うかもしれないけれど、実際にはすぐ近くの高級ホテルで休憩して映画を観ているだけだよ」

 ガイはその後、豪モーニングショー「サンライズ」に出演した際も、イギーの発言の趣旨が理解できないこともあると認めた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。