• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • J・K・ローリング、トランプ氏非難で『ハリポタ』を燃やした元ファンを批判!

17.02.02(Thu)

J・K・ローリング、トランプ氏非難で『ハリポタ』を燃やした元ファンを批判!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英作家のJ・K・ローリング(J.K. Rowling)が、物議をかもしているドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の移民制限政策に反対したことに怒って『ハリー・ポッター』シリーズ全作を燃やした元ファンを批判した。

 ローリングはトランプ氏を公然と非難しており、トランプ氏が先週署名した、イスラム教徒人口の多い7ヶ国からの難民や移民の入国制限を命じた大統領令に反対している。しかしトランプ大統領の最近の行動に対する彼女のスタンスは保守的なファンを怒らせ、ある共和党員の女性ファンは抗議としてローリングの著作すべてを燃やしたとTwitterで明かした。

 「J・K・ローリング、17年間もファンだったけれど、『ハリー・ポッター』の本は全部燃やしたわ」とこの女性はツイートした。「『賢者の石』は生まれて初めて読んだ本の1つだった」

 「こんなことになってしまって残念。あなたには恥をかかされ、ムカつかいた。もう2度とあなたの本を読むことはない。#17年間ありがとう」

 ローリングもこのメッセージに直ちに反論し、1日にウィットを利かせたツイートを投稿。トランプ氏を『ハリー・ポッター』の悪役ヴォルデモート卿と比べてみせた。

 「噂は本当だったみたい。1人の女の子を独裁者の栄枯盛衰に関する本に導くことはできても、考えさせることはできない」とローリングは返信した。

 またローリングは、「あなたの本と映画も燃やすつもり」とツイートした別の元ファンに対しても矛先を向けた。読者の支持を失っても動じないことを示すかのように、次のように軽口を叩いている。「まあ、DVDの煙は体に悪いかもしれないし、あなたが買ってくれたお金は私の懐に入ったままだから、どうぞ私からライターを借りてちょうだい」

 またローリングは、変わらぬ支援を寄せている本当のファンに感謝した。「ステキなメッセージは悪いものをはるかに超えている」とした上で、「さらなる炎上を招くためにログオフするわ」とジョークを忘れなかった。

 トランプ氏の移民規制に異論を唱える有名人は他にもいる。ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)やケリー・ワシントン(Kerry Washington)、アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)、オリヴィア・ワイルド(Olivia Wilde)、アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)、ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)らトップスターも今回の大統領令に公然と反対している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。