• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • マライア・キャリー、元婚約者との結婚式のために買ったウェディングドレスをPVで焼却!

17.02.06(Mon)

マライア・キャリー、元婚約者との結婚式のために買ったウェディングドレスをPVで焼却!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey)が、元フィアンセで豪億万長者のジェームズ・パッカー(James Packer)との結婚式のために買ったヴァレンティノ(Valentino)のカスタムウェディングドレスを新ミュージックビデオで燃やした。

 マライアは大恋愛の末、2016年1月にジェームズと婚約。しかし同年9月にはギリシャでのバカンス中に口論となり、婚約を解消した。

 マライアはジェームズとの破局から着想を得て、失恋を歌ったニューシングル「アイ・ドント」を制作。そのプロモビデオではブライダル風のランジェリーを着たマライアが、同曲でコラボしているラッパーのYGと一緒に車の後部座席で寝そべっている。次にマライアは体に密着した赤いドレスで登場し、アイヴォリー色のウェディングドレスを暖炉に投げ入れ、燃えていく様子を見つめている。

 関係者によると、ビデオ撮影で使われたウェディングドレスは小道具ではなく、マライアがジェームズとの結婚式で着用する予定だった実際のウェディングドレスだったという。ヴァレンティノのドレスは当然ながら安物ではなく、米芸能情報サイト「TMZ」によると、25万ドル(約2,800万円)もしたという。

 さらに関係者は、ビデオのロケ地もマライアとジェームズにとって個人的な意味があると指摘。2人がかつて暮らしていたカリフォルニア州カラバサスにある豪邸で撮影されたという。

 マライアは「アイ・ドント」が実際に自分とジェームズの関係を歌っているかどうかについてコメントしていないが、ファンは当然そう受け止めている。

 同曲には次のような歌詞が含まれている。「誰かを愛したら、その人にひどい扱いをすることはないからよ/あなたは私たちが築いたものすべてを台無しにした/私が戻ってくると思っているかもしれないけれど、ありえないわ」

 2人が結婚していた場合、マライアにとってジェームズは3人目の夫となっていた。最初の夫はコロムビア・レコードの幹部トミー・モトーラ(Tommy Mottola)で、2人目の夫でタレントのニック・キャノン(Nick Cannon)との間には双子のモロッカン(Moroccan, 5)君とモンロー(Monroe)ちゃんを授かっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。