• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニコール・キッドマン、「ニュートロジーナ」のブランドアンバサダーに!

17.02.07(Tue)

ニコール・キッドマン、「ニュートロジーナ」のブランドアンバサダーに!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アカデミー賞授賞女優のニコール・キッドマン(Nicole Kidman、49)が、米スキンケアブランド「ニュートロジーナ」(Neutrogena)のグローバルブランドアンバサダーに就任した。

同ブランドの広告アンバサダーは、ニコールの前にはクリステン・ベル(Kristen Bell)、ヘイデン・パネッティーア(Hayden Panettiere)、ケリー・ワシントン(Kerry Washington)などがこれまで務めて来ているが、ニコールはこれからローンチされる同ブランドの最新広告プロモーションの顔を早速務め、2月25日に行われる今年度アカデミー賞授賞式の際には「ニュートロジーナ」の最新テレビCMも放映されるという。

ニコールは、PeopleStyle誌に対して、“肌を綺麗に保つことを重視している”自分は「ニュートロジーナ」の商品を現に長く使ってきており、同ブランドと自分という組み合わせは、“とてもうまく行きそうな結婚”だと表現している。

この新しい広告キャンペーンでは、ニコールはアンチ・エイジング商品を使う利点、なかでも自身が特に気に入っている同ブランドの“Rapid Wrinkle Repair”リジェネレイティングクリームなどを奨める。

「わたしも、若い頃にはクレンザーとモイスチャライザーがあれば、それだけで済んでいたところがある。わたしだって、なるべく長く、肌を若々しいままにしていたい。誰でもそう思うわよね。だから、それの手助けをしてくれる商品を、わたしはいつも探している」

ニコールといえば、抜けるような肌の白さが美しいことで知られる女優さん。それだけに、強い日差しは、シミなどの美容上の問題以上に皮膚がんの恐れを心配しなければならない。そんなニコールは、「ニュートロジーナ」の日焼け止め“SPF 100”をもう何年も使ってきているそうだが、同ブランドと今回タッグを組むのにあたって、日焼け防止の重要性を強く訴えていきたいと考えているようだ。

「日焼けが皮膚がんをもたらすということが、常に頭にあってわたしは暮らしてきたから、そのことをずっと他のひとにも伝えるようにしてきた。「ニュートロジーナ」は、そういう活動を行ってきている。世界から皮膚がんをもっと減らせたら、ステキなことだと思うの!」

ニコールは、日焼け防止の大切さを、むろん8歳になるサンデー・ローズ(Sunday Rose)ちゃんと6歳になるフェイス・マーガレット(Faith Margaret)ちゃんという2人の娘たちに良く理解させたいと考えている。

「夫(カントリー歌手のキース・アーバンKeith Urban)も、“あの娘たちに、日焼け止めを塗らなきゃ!”という感じになるから、家族で徹底するわよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。