• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ローズ・バーン、キャットアイメイクが上手に出来ないのが悲しい!

17.02.08(Wed)

ローズ・バーン、キャットアイメイクが上手に出来ないのが悲しい!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られる、豪州の女優のローズ・バーン(Rose Byrne、37)は、レッドカーペットイベントにおいて隙のないルックで魅せてくれている。

メイクにおいても探求心旺盛なローズとあって、服のアンサンブルに加えて、人目を奪うもうひとつ何かを、リップに大胆な色使を持って来ることで演出することもしばしば。しかし、そのローズにも、なかなか上手に出来なくて残念な思いをしているメイクがあるという。それは、目尻のラインを跳ねあげた、蠱惑的な“猫目メイク”だ。

「古典的なブリジット・バルドー風のキャットアイは、やってみたくて何度も試してみるのだけれど、いつもうまく出来なくて、ハロウィーン用のメイクみたいになってしまうの」と、ローズはため息をつきながら豪州の9Style誌に語っている。

また、ローズは、流行りのコントアーメイクにはまったく感心しないとも語った。

「いいと思ったことがないの。ナチュラル系のメイクの方が、どんな時もずっと若々しく瑞々しく見えるじゃないの」

そんなローズが愛用している化粧品は、豪州のブランドのものが多いようだ。

「スキンケアブランド「Rationale」の商品ラインは、特にすべて素晴らしいのよ。最近、映画の撮影中に奨められて使い出したメルボルン市のブランドなのだけれど、いまでは完全にファンになったわ」

豪州と米国を頻繁に往復する生活のローズ。長時間の飛行機旅行はお肌に負担をかけるが、地元の美容サロンもなるべく頻繁に訪れ、トリートメントを受けて回復に努めるようにしているそうだ。

「シドニー湾のウラーラにある、「Rationale」のトリートメントサロンでしてもらえるフェイシャルトリートメントは、体組織をまったく傷つけないし、気持ちが良くて癒されもするの!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。