• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジェシカ・アルバとタイラ・バンクス、トランプ大統領が司会を務めていた番組から自社商品を撤去!

17.02.10(Fri)

ジェシカ・アルバとタイラ・バンクス、トランプ大統領が司会を務めていた番組から自社商品を撤去!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 女優のジェシカ・アルバ(Jessica Alba)と元スーパーモデルのタイラ・バンクス(Tyra Banks)が、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の降板後に「The New Celebrity Apprentice」として再スタートを切った米リアリティ番組「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」から自社ブランド商品を撤去したことが分かった。

 タイラの化粧品・スキンケアブランド「タイラ・ビューティー」と、ジェシカの会社「ザ・オネスト・カンパニー」の商品は、かつて「アプレンティス」の司会を務めたトランプ大統領が製作総指揮を務める同番組で紹介されたことから、「#GrabYourWallet」(財布をつかめ)キャンペーンのボイコットの対象に加えられた。このキャンペーンは、トランプ氏が大統領就任後に始めて物議をかもしている政策に異を唱えるため、関連する事業に反対するためにスタートした。

 しかしキャンペーンを主導するシャノン・コールター(Shannon Coulter)は同番組でアドバイザー役を務めるジェシカとタイラが番組との関連を断ったのを受け、商品をボイコットリストから外している。

 「タイラ・ビューティーは『アプレンティス』の積極的なスポンサーではなく、今後もそうするつもりがないことを宣言します」とタイラ・ビューティーの広報担当者は声明でコメントしている。「1年前に放送された当社の関与は、タイラ・ビューティーの革新的なコスメティック製品を紹介することだけを目的としていました」

 「私たちが今目撃しているのは、平等と包摂というアメリカの価値観の核心と調和しない政権に対する、直接的で実質的なチェックとなった消費者パワーだと思います」とコールターはウェブサイト「Racked.com」に語っている。「幸い、合衆国ではお金がモノを言います。この国の女性は、お金が自ら動き出すことも証明したのです」

 また数日前には、米百貨店ノードストロームが売り上げの低迷を理由にトランプ氏の長女イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)の商品を販売中止にしている。トランプ氏は8日のツイートでノードストロームを批判した。「娘のイヴァンカはノードストロームによって不公平な扱いを受けている。娘は偉大な人間だ。常に私に正しいことをするように促している。ひどい話だ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。