• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ベラ・ハディッド、ザ・ウィークエンドとの破局が今も重くのしかかっていると吐露

17.02.14(Tue)

ベラ・ハディッド、ザ・ウィークエンドとの破局が今も重くのしかかっていると吐露

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気モデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid, 20)は、元恋人でR&B歌手のザ・ウィークエンド(The Weeknd)が人気歌手のセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)との交際をスタートしたことを未だに受け入れられずにいる。

 ベラとザ・ウィークエンドは昨年に別れた。ベラは先日、円満な破局だったと力説していたが、世間で思われているほど平気ではないと認めた。

 「初めての失恋だったの…それに、広く世間に知られてしまったわ」とベラは米Teen Vogue誌で打ち明けた。「外から見ると、とてもうまく受け止めているように思われるけれど、心ではずっとつらくて、いつも重くのしかかっているの。しばらくは苦しいと思う。恋愛はつらいものだけど、乗り越えなくちゃ」

 「でも、彼にはこれからも尊敬の気持ちを持つし、ずっと愛しているわ」とベラはつけ加えた。「悲しい気持ちになったり、違ったやり方を試したりしたいと思うときもあるけれど、一生けん命つくった橋を燃やしたい人はいないわ」

 ザ・ウィークエンドは現在、セレーナと交際中とみられている。ベラは先月、カリフォルニア州サンタモニカのレストランの外でセレーナとザ・ウィークエンドがキスをする写真が流出した直後、Instagramでセレーナのフォローをやめている。ザ・ウィークエンドと、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の元恋人としても有名なセレーナの交際についてはコメントしていない。

 一方ベラは、ザ・ウィークエンドとの破局が人生で初めて胸が張り裂ける経験だったわけでもないと同誌で明かした。10代の頃にライム病と診断されたため、飼っていた馬のレゴを手放さなければならなかった。

 「より高く跳べる馬を求めて、何頭か入れ替えていたの」とベラは話している。「でもレゴが一番好きな馬で、死ぬときは一緒だと思っていたくらい。そのレゴを売らなくちゃいけなくなったときは本当に悲しかったわ! 今でもトラウマとして残っているくらい」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。