• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • レディー・ガガ、グラミー賞アフターパーティーに新恋人を同伴!

17.02.14(Tue)

レディー・ガガ、グラミー賞アフターパーティーに新恋人を同伴!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気歌手のレディー・ガガ(Lady Gaga)が12日、グラミー賞授賞式のアフターパーティーに新恋人を同伴して会場を驚かせ、熱愛を公に認めた。

 「ボーン・ディス・ウェイ」などで知られるガガは、数週間前から業界大手クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)で自身を担当するエージェントのクリスチャン・カリーノ(Christian Carino)との熱愛が噂されていたが、9日にライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)とのラジオインタビューで新しい恋をほのめかすまで明るみに出ていなかった。

 クリスチャンは12日、ロサンゼルスで開催されたグラミー賞授賞式に、メタリカ(Metallica)と共演したガガと出席。レッドカーペットを一緒に歩くことはなかったものの、インタースコープ・レコーズがナイトクラブ「ペパーミント・クラブ」で主催したアフターパーティーでは彼女の隣にいた。

 米Us Weekly誌によると、ガガとクリスチャンはクラブ内で周囲の注目を集め、ジョン・トラヴォルタ(John Travolta)や、夫エヴァン・ロス(Evan Ross)に付き添われたアシュリー・シンプソン(Ashlee Simpson)らゲストと談笑する様子を撮影されていたという。

 「クリスチャンのアシスタントは2人と距離を置いて、みんなが2人の写真を撮っていた」とある目撃者が同誌に語っている。

 ガガは昨年7月に俳優のテイラー・キニー(Taylor Kinney)との婚約を解消して以来、初めてとなる恋人の存在について公にコメントしていない。しかしライアンとのインタビューで、先週末に開催された米NFL優勝決定戦スーパーボウルのハーフタイムショーについて語る際、新しい恋人ができたことをほのめかした。

 5日にテキサス州ヒューストンで披露したステージの成功を特別な誰かと一緒に祝ったかと質問されたガガは、「さあ、どうかしら」と恥ずかしそうに笑ってごまかそうとした。「恋愛については話さないと知ってるでしょ、ライアン! すごく真っ赤になっているわ。衣装に合わないくらい真っ赤よ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。