• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アマンダ・バインズ、妊娠と婚約を発表したツイートはニセモノと非難!

17.02.15(Wed)

アマンダ・バインズ、妊娠と婚約を発表したツイートはニセモノと非難!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 元人気子役のアマンダ・バインズ(Amanda Bynes, 30)がTwitterに復帰し、自身の妊娠と婚約を報じたウソのツイートを否定した。

 『ヘアスプレー』などで知られるアマンダは昨夏からTwitterを使っていなかったが、彼女になりすました何者かが私生活について説得力のある情報をツイートしたため、その数時間後にTwitterに舞い戻った。

 「ハッピー・バレンタインデー!」とアマンダはファンにメッセージを送り、婦人科クリニックからツイートしていると説明した。「マットと一緒に婦人科にいるわ。本当に妊娠しているのかなと思って! 家庭用検査ではそうだけれど、セカンドオピニオンが必要だったの!!」

 アマンダはその前日、パートナーのマットと交際1年未満で結婚を決めたと明かしていた。

 「世界中のみんなへ:ゴージャスなフィアンセのマットと私!」とアマンダは書き込み、車の後部座席で男性と頬を寄せて写っている写真を公開した。「マットとは8ヶ月前から付き合っていて、最高に幸せ!!!」

 「まだ結婚式の日取りは正式に決めていないけれど、2人とも愛し合っているし、これからの人生を共に歩むことにすごく興奮しているわ!」

 このなりすまし犯はアシュリー・バンクスという偽名で「@PersianLa27」というハンドルを使い、驚きのニュースを発表。なぜ自身のものと証明されている「@amandabynes」を使わないのかとファンに質問されると、「アマンダ」は自分のアカウントの利用を停止されていると答えた。「@amandabynesにアクセスできるのは両親と弁護士だけなの! SNSの使用を一切禁止しているわ!」

 一方、本物のアマンダは問題のツイートは自分が投稿したものではないとTwitterで明言した。

 「私は@persianla27じゃない」とアマンダはつぶやいた。「結婚もしないし、妊娠もしていないわ。どうしてTwitterが@persianla27を停止しないのか分からない。何度もお願いしているのに。この人はずっと私になりすまして嫌がらせをしているの。Twitterはこのアカウントを削除すべきだわ」

 アマンダは問題行動や奇行を繰り返したため、2013年に精神病棟に強制入院させられた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。