• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • セレーナ・ゴメスと交際中のザ・ウィークエンド、新曲でジャスティン・ビーバーに反撃!

17.02.16(Thu)

セレーナ・ゴメスと交際中のザ・ウィークエンド、新曲でジャスティン・ビーバーに反撃!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 22)の元恋人セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)との熱愛が報じられたR&B歌手のザ・ウィークエンド(The Weeknd/本名:エイベル・テスファイ、Abel Tesfaye)の新曲は、セレーナとの交際を冷やかしていたジャスティンの男らしさを標的にしている。

 ザ・ウィークエンドは先月、カリフォルニア州ビバリーヒルズでセレーナとディナーデートに繰り出し、キスを交わす姿をキャッチされ、熱愛が報じられた。ザ・ウィークエンドとセレーナは新しい恋についてコメントしていないが、先月末には伊フィレンツェを旅行したほか、先週末にはカリフォルニア州の沿岸でヨットクルーズを楽しんでいた。

 しかし4年間にわたってセレーナと破局と復縁を繰り返し、2014年に完全に破局したジャスティンは2人の熱愛を快く思っておらず、ここ数週間で繰り返しザ・ウィークエンドをディスっている。

 ここへ来て、ザ・ウィークエンドはゲストバースを担当した同じくカナダ出身のラッパー、Navの新曲「サム・ウェイ」で、ジャスティンのベッドテクニックをあざ笑うようなラップを披露し、反撃に転じたようだ。

 この曲でザ・ウィークエンドは、「どうやらお前の女は俺に恋したようだ/俺のファ*クと舌使いは良い薬だと言っている」と歌っている。

 ジャスティンはザ・ウィークエンドのディスに反応していないが、その3日前の12日にはグラミー賞授賞式でダフト・パンク(Daft Punk)とパフォーマンスを披露したザ・ウィークエンドをからかっていた。

 Instagramのライブ配信イベントに登場したジャスティンは、ファンの1人から好きな歌は何かと質問されると、「うーん…ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』かな」と答えた。

 その直後にジャスティンは大爆笑し、カメラの外で聞いていた友人の1人が「なんてこった、今のは最高だ」という声が聞こえる。

 ジャスティンは「ああ、ヤバいくらい笑えたよ」と言い残し、ライブ配信を終えた。

 一方、ジャスティンは同じく14日、バレンタインデーを独りですごす悲しみをSNSで嘆いていた。InstagramのStoryで公開した動画で、「僕がほしかったのはバレンタインだけ。でも、もう僕にはバレンタインがない」と語り、明らかにいじけた様子を見せていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。