• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 自身の化粧ブランドを立ち上げたリンジー・エリンソン、“VSエンジェルズ”時代には毎年のショーの前に筋肉をつけるようにしていた!

15.10.17(Sat)

自身の化粧ブランドを立ち上げたリンジー・エリンソン、“VSエンジェルズ”時代には毎年のショーの前に筋肉をつけるようにしていた!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

リンジー・エリンソン

高級下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret)の広告塔“エンジェルズ”たちがランジェリー姿でランウェイを練り歩く同ブランドの毎年暮れのショーは、いつでも注目の的。12月8日にニューヨーク市で行われる今年の同ショーでは、ゲスト歌手にリアーナ(Rihanna)の出演が既に決定している。

そろそろ年末も近いとあって、さぞかし各“エンジェルズ”たちも本番に向けて身体を“絞って”最高のスタイルにシェイプアップ中というところであろうが、元エンジェルのひとりである米人気モデルリンジー・エリンソン(Lindsay Ellingson)は、このショーの前には、ダイエットに力を注ぐよりも、自身の身体の曲線が映えるようにワークアウトで鍛えるようにしていたという。

「わたしは、ビクトリアズ・シークレットのショーの前は、筋肉を付けるようにしていたわ」と、リンジーは女性向けファッション&時事ウェブサイトThe Cutに対して明かした。

「わたしにとっては、このショーは曲線があって健康でゴージャスに見えることがすべてだった。ランジェリー姿でいるときは、自分がセクシーで豊満な気分になれていないといけないから、必要なところにちゃんと筋肉を付けて、ちょうど良い砂時計形にもっていかないといけないの」

現在は、今年4月に立ち上げた自身の化粧ブランド「Wander Beauty」の経営者兼クリエイティブディレクターとして忙しいリンジー。

「Wander Beautyというブランドは、わたしが今までした多くの旅にインスピレーションに受けて誕生したわ」と、リンジーは微笑む。

「10年間モデルをしてきて、美容に対して、わたしの中に情熱が産まれた。わたし自身がレッドカーペットイベントに出る時のメイクや、友人たちがデートに行く時のメイクも自分でやるようになったのよ」

一方、ワークアウトは依然としてリンジーにとって大事な日課であるようだ。モデルをしていると自然に健康な生活に向け背中を押されるようになると素人目には思いがちだが、必ずしもそうではなく、リンジーは最初モデルを始めた時に食生活が悪くなった時期があると認めている。

「いまのほうが健康だと思う。モデルを始める前は、10年間ダンスをしていたので、すごく体調がよかったの。毎朝5時に起きてワークアウトしていたもの。モデルになったのは自然の流れでスムーズに移行できたのだけれど、健康管理だけは少し甘くなったわね。モデルになった年からいきなりパリに行くことになり、パリのお菓子たちの前に自分を晒すことになってしまった。とんでもなく美味しいアーモンドクロワッサンなんかがあるのですもの!それと、母の手料理の方がレストランチェーン店の食べ物より健康によかったしね。でも、いまは考えて選ぶようになれたわ。健康でオーガニックな食生活をする手段はいろいろある。ニューヨーク市に住んでいれば、絞った冷たい果実ジュースを売っているところを探す、とかね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。