• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クリス・ブラウンの元婚約者、殺害脅迫を受け接近禁止命令を獲得

17.02.22(Wed)

クリス・ブラウンの元婚約者、殺害脅迫を受け接近禁止命令を獲得

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 元婚約者でR&B歌手のクリス・ブラウン(Chris Brown, 27)から殺すと脅迫されたと主張しているモデルでTVタレントのカルーシェ・トラン(Karrueche Tran, 28)が、クリスに対する接近禁止命令を獲得した。

 カルーシェは今月、クリスが自分に危害を加えると繰り返し言い続けてきたことを実行に移すのではという不安から、裁判所に保護命令を要請した。カルーシェは判事との宣誓供述で、クリスが「複数の人に自分を殺すと言っていた」と主張し、2015年に破局したことを今でも恨んでおり、他の男性と交際できなくするために「射殺する」と脅迫したと語っている。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した法定文書によると、カルーシェはクリスと破局と復縁を繰り返した4年の間にドメスティック・バイオレンス(DV)被害に遭ったとも打ち明けている。クリスに「2度お腹を殴られ」、「階段から突き落とされた」という。

 もしカルーシェの主張が事実なら、クリスは2009年に当時交際中だったR&B歌手のリアーナ(Rihanna)を暴行したことで命じられた5年間の保護観察処分中にカルーシェにDVを加えていたことになる。保護観察処分はドラッグの使用や暴力沙汰などのトラブルにより延長され、2015年に終了した。

 さらにカルーシェは、クリスが彼女の友人の1人に危害を加えると脅したり、外出中に友人らにドリンクをひっかけたりしたことから、自分の安全が本気で不安になったとも主張している。

 クリスはカルーシェの爆弾発言にコメントしていないが、1月に公開した動画では好きになった女性をストーキングすると告白し、彼女の言い分に自ら真実味を与えている。

 クリスはInstagramに投稿した動画で、女性や恋愛について不満をわめき散らした。

 「女ってやつはオレたちがストーカーだの、惚れられて困るだの、頭がおかしいだの勝手なことを言い、もう男にはウンザリだと言う。でもよく聞けよ、オレもそんな男の1人だよ!」

 「オレがお前を好きになったら、誰にも渡さない。おまえをみじめにしてやる」とクリスは続けた。

 この動画はその後、Instagramから削除されたが、すでにSNS上で拡散し、他のInstagramユーザーから批判が殺到した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。