• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エヴァ・ロンゴリア、18歳の頃から白髪が全面的に出始めてずっと染めていることを告白!

17.02.23(Thu)

エヴァ・ロンゴリア、18歳の頃から白髪が全面的に出始めてずっと染めていることを告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米人気ドラマ『デスパレートな妻たち』で知られる女優のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria、42)は、この5月に夫でメキシコ人メディア実業家ホセ・バストン(Jose Baston)との結婚一周年を迎える幸せな”新婚さん”でもある。

そのエヴァは、ゴージャスで美しいブルネット髪でいつも魅せてくれる女優さんだが、実は若い頃からの白髪で、ずっと髪を染めてきているのだという。

「18歳の頃から、わたしは頭髪に全面的に白髪が出るようになったのよ!母もそうだったから、これは遺伝ね」と、エヴァは米トークショー番組『The View.』出演の際に明かしている。

「地の髪色が暗いので白髪が目立ってしまうから、2週間に1回はどうしても染めないといけないの。白髪って、すぐに広がるのですもの」

とは言え、そのペースで髪を染めても細かい部分で白髪がすぐに目立ってしまうのが悩みだというエヴァ。「ロレアル」(L’Oreal)の広告アンバサダーでもある彼女が、髪の根元にすぐに顔を出す、ちょっとした白髪を隠すのにおいて頼りにしているのは、同ブランドの“Root Cover Up”スプレーであるとのこと。

「マスカラタイプのものとか他にもいろいろ試したのだけれど、このスプレーは、ウェットタイプではないし髪質を選ばず誰にでも向いているし、白髪染めの時間短縮という点でも安上がりという点でも、一番画期的だと思うのよね。髪の毛に余計な成分が残らずベタベタしないのもいいわ。次に髪を洗う時までとにかくもってくれるし、一時的な白髪直しにはもってこいなのよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。