• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ラッパーのフューチャー、歌手シアラへの訴えを取り下げた!?

16.06.20(Mon)

ラッパーのフューチャー、歌手シアラへの訴えを取り下げた!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

フューチャー

歌手のシアラ(Ciara)は今年(2016年)の2月、ラッパーのフューチャー(Future)を相手取り、1500万ドル(約15億7500万円)にも上る名誉棄損訴訟を起こした。シアラにはフューチャーとの間に、これもまたフューチャーと名付けられた息子があり、この名誉棄損訴訟はラッパーのフューチャーがその前月(2016年1月)、ソーシャルメディアで彼女には親になる能力がないと明らかな間違いであり彼女の名誉を棄損する発言をしたために起こされたものであった。シアラとラッパーのフューチャーは婚約をしていたが2014年に婚約を解消、彼女は現在、アメリカンフットボールのプロ選手ラッセル・ウィルソン(Russell Wilson)と婚約している。

これに対し、ラッパーのフューチャー自身もシアラに対しての訴えを起こし、その訴状の中でシアラの任期は過去数年間で下降し、最新のアルバム「Jackie」も失敗作だと訴えていた。

ところがである、Sandrarose.comが伝えるところによれば、ラッパーのフューチャー、本名ネイバディアス・キャッシュ(Nayvadius Cash)は、シアラに対する彼の訴状を取り下げてほしいと判事に頼んだのだという。

同ウェブサイトが入手した法廷書類には、フューチャーの申し立ては、2016年6月13日にフルトン群判事によって、「確定力のある決定」として退けられたとあり、これによってフューチャーは同じ申し立てで再度シアラを訴えることができなくなったことを意味する。

32歳になるフューチャーの近い筋の人間は、フューチャー自身はこれ以上事を荒立てることを望んでおらず、2016年5月に認められた彼らの息子フューチャー・ザイール・ウィルバーン(Future Zahir Wilburn)に対する共同親権を脅かすようなシアラからのさらなる訴訟の可能性を避けたいと切に願っていると語っている。またカリフォルニア州の判事はラッパーのフューチャーに対し、2歳になる息子への月に二度の訪問を認めたと伝えられている。

シアラが2月に起こしたフューチャーに対する訴訟は、現在も進行中である。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。